1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

【モチベーションUP】ビジネスマン絶対必読のマンガ7選!

毎日お仕事ご苦労様です。日々、仕事は順調でしょうか?「仕事に疲れた…」「会社辞めたい…」「もっと仕事に対するモチベーションを上げたい!」「もっとスキルアップしたい!!」・・・本記事では、そんな悩めるビジネスマンにヒントを与えてくれるようなマンガを7冊ご紹介します!全てのビジネスマンは必見かも…!

更新日: 2019年09月24日

4 お気に入り 7077 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

【モチベーションUP】ビジネスマン絶対必読のマンガ7選!1冊目

友人の保証人となって多額の負債を背負うことになった主人公・伊藤開司。

「限定ジャンケン」や「人間競馬」など親しみのあるゲームにひねりを加えたギャンブルゲームの面白さ、人間が追い詰められた状況でどのように心を読みあい、化かし合うのかをこのマンガはたっぷり見せてくれる。

心の読み方や駆け引きの手口など、仕事や日常のヒントとなる要素もふんだんに盛り込まれた名作。テレビアニメ化のほか、映画化もされている。第一シリーズ『賭博黙示録カイジ』のみで全13巻。

【モチベーションUP】ビジネスマン絶対必読のマンガ7選!2冊目

山田孝之主演でテレビドラマ化・映画化もされた、闇金業者・丑嶋馨の日常とその客を通して世の中のダークサイドを描いたマンガ。

登場人物は救いようのないダメな人間ばかりで、ストーリーも「借金まみれ」「覚せい剤」「殺人」「ギャンブル中毒」など世の中の闇の部分を徹底的に集めたものとなっている。

こういった内容に免疫のない人は読む前に覚悟が必要だが、「世の中には想像もつかないようなとんでもない人間がいる」ということを学ぶには格好の作品。ビジネスにも何か活かせれるかもしれない。

【モチベーションUP】ビジネスマン絶対必読のマンガ7選!3冊目

28歳独身、週刊『JIDAI』編集部の編集者として働く松方弘子を主人公とする「仕事とは」「働くとは」がテーマのマンガ。弘子は自分の仕事に誇りを持っており、男女の違いなど気にも留めずに仕事に向き合う。

彼女のストイックな仕事観以外にも、様々な人物の視点からそれぞれの仕事観が描かれているので、自分の仕事との向き合い方を改めて考えてみる良いきっかけになる。モチベーションUPに繋がるかもしれない。

仕事に燃える女性はもちろん、男性にも読んでほしい作品。まさにビジネスマン必読だ!既刊4巻(現在休載中)。

2007年に菅野美穂主演でテレビドラマ化されており、知っている人も多いかもしれない。

【モチベーションUP】ビジネスマン絶対必読のマンガ7選!4冊目

中国の春秋戦国時代を舞台にした歴史マンガで、第17回手塚治虫文化賞マンガ大賞を受賞した。大将軍を目指す少年・信と後の始皇帝となる少年・政を中心に戦場と政治の世界を熱く濃く描いた作品。

戦略・政略の立て方なども勉強になりますが、武闘派の信が持つ「情熱家」タイプのリーダーシップと頭脳派の政が持つ「知略家」タイプのリーダーシップの対比も面白く読める。

歴史好きの人はもちろん、特に人の上に立つビジネスマンは絶対読もう!読んで絶対損はしない作品だ。既刊41巻。山崎賢人主演で映画化もされ、今話題となっている。

【モチベーションUP】ビジネスマン絶対必読のマンガ7選!5冊目

もはや説明不要のサラリーマンのバイブル的マンガ。1980年台前半の日本経済低成長期から1990年代初期「失われた20年」前夜までの日本経済・大企業間競争・大企業内部の派閥争いなどを描いた作品。

団塊世代にとっては往年の自分をこの作品の主人公・島耕作に見る人も少なくないだろう。しかし「日本的経営」が崩壊したこれからの時代を生きる上では、この作品を教科書にしていては生き残ってはいけない。

日本の企業やサラリーマンのステレオタイプをこの作品で知ることで、自分が今後どの方向に向かっていくのか。『課長島耕作』に連なる島耕作シリーズは、今そのように読まれるべき作品だ。全17巻。

【モチベーションUP】ビジネスマン絶対必読のマンガ7選!6冊目

社会人のためのドラゴン桜!三田紀房先生が描く『転職代理人』の活躍を描いた作品!高校の英語教師だった主人公の真々子は、「転職代理人・海老沢」との出会いをキッカケに『転職代理人』へ転職する。

1 2