1. まとめトップ

30代の転職はここが肝心!転職の準備と目標設定方法

30代の転職ではここを重視!社会人で培った経験値を存分に使うべし!!

更新日: 2019年09月27日

5 お気に入り 1635 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

私自身30歳で転職活動を行い、1か月かからずに転職先が内定しました。以前の仕事と職種も変えて心機一転で給料もUP!!転職活動に必要なノウハウはこれだ!!

1、転職理由と目標の明確化

まずは、なぜ転職しようと思っているのかを1枚の紙にまとめましょう。
(例)
・給料が低い
・処遇に対して不満がある
・今の職場の人間関係に疲れた
・違う仕事がしたい
・就職したもののやりたい仕事ではなかった
・・・など

人によって転職しようと思う理由はそれぞれだと思います。
転職しようと思っている理由を書いたら、次は転職先に求める条件を書き出してみましょう。
(例)
・土日休みが良い
・残業が少ない所が良い
・同業種が良い
・別業種に挑戦したい
・今より給料UP
・将来性のあるところで働きたい
・・・など。

書き出せたなら、その転職先に求める条件の中から『これは外せない!!』という上位3つを選びましょう。
その3つが転職先を探す際の基盤となります。
逆に言えば、全てが思い通りの職場なんてまずありませんから。
それに、仕事なんてその会社に入ってやってみないとなかなかわかりませんからね。


その3つの最低基準をもとに
『いつまでに転職するのか』
という具体的な日付を考えましょう。

先を考えずに転職活動を行う事は大変危険です。
「あっちのほうが良いかも」「もっと良い企業に入れるかも」という思いでダラダラと転職活動を続けていると、転職好機を逃すだけでなく長期的な転職活動で意欲の低下を招く恐れがあります。

30代の転職活動は、将来を考えたうえでのスピード勝負が功を制すと言っても過言ではありません。

2、求められるスキルとは

転職先で求められるスキルとはなんなのか。
もちろんのことですが、職種によって必要な学術的スキル(資格等)は変わってきます。
資格などの知識はその職種ごとに考えて頂く事として、ここでは社会人経験者として転職する中で、身に着けておくべきスキルについて記載していきます。

①コミュニケーションスキル
まず高ければ高いほど良いのがこのコミュニケーション能力。
仕事をしていく中では、社内外多くの人と関わる機会があるものです。
その中で、このコミュニケーションに猛るということは大きな武器になる事間違いなしです。
いろいろな人がいるこの世の中ですので、相手方に合わせたコミュニケーションの取り方を考え、工夫して接する必要があります。

②自己操作スキル
簡単に言えば、自分自身をうまくコントロールする力を表します。
感情や言葉遣い、態度や口調など、状況に合わせてうまく使い分けられる必要があります。
理不尽なことに対してすぐに「なんだよ!」と反発する人は、この自己操作スキルが欠けているともいえるでしょう。
社会に出て雇ってもらって働いている以上、理不尽なことがあったり、主通りにならないことがあるのは当たり前です。
自分自身を客観的に第三者目線で見られるようになれば、このスキルはたやすく習得することが出来るでしょう。

③時間管理能力
人間は生きている以上みんな平等に24時間という時間の中で生活しています。
その限られた時間の中で、みんな仕事に取り組んでいます。
【会社にいる=金がもらえる】ではありません。
【会社に貢献している=お金がもらえる】というのがビジネスでの常識です。
その仕事に取り組む時間の使い方が上手いか下手かでは得られる結果も天と地の差です。
ビジネスで成功するためには、この時間管理能力を高めることが最優先であるとも言えるでしょう。

3、30代での転職の醍醐味

企業が30代での転職者に求めているものとは何か。
それは「社会人経験から得たマネジメント能力」や「即戦力性」や「今後腰を据えてしっかりと働いてくれるだろうなという長期安定性」の3点を重視している企業が多いようです。

マネジメント能力とは、職場内で人間関係をまとめあげる能力や、仕事の計画性と遂行能力、それに職場の雰囲気の改善や維持のできる人間性も含まれます。

即戦力性とは、読んで字のごとくすぐにその企業の戦力としてはたらいてもらえるかという事。
今までの社会人経験の中で得たスキルに加え、入社した企業のノウハウややり方を取り入れて順応し、企業の戦力となる人材であるかということを見極められているものです。

長期安定性とは、いかにしっかりと長く継続して企業に勤めてくれる人材であるかという事です。

この3点すべてを重視している企業もあれば、この中の1つに重点を絞って求人活動を行っている企業もあります。

まずは、社会人経験を積んできた中で自分自身が転職先で活かせる力が一体何なのかを考えて伝えられるようになっておく必要があるでしょう。

4、転職先の探し方

今の世の中には、転職先を探す方法がたくさんあります。
・インターネットの求人サイトに登録して探す方法
・近場で働きたいのであれば、自転車などで企業求人を探す方法
・知り合いのコネで入社する方法
・転職エージェントサービスに登録する方法

インターネットで転職先を探すことのできるサイトは思っている以上にたくさんあるものです。
有名なものを挙げても、
・リクルートエージェント
・マイナビ
・ビズリーチ
・JACリクルートメント
・リクナビネクスト
・ジェイック
・DODA
・タイプ転職エージェント
・アデコの転職
・イーキャリア
軽く調べてみるだけでも無数に存在しています。

その中で転職活動を短期間でしっかりとこなすために私が推薦する方法は、
【無数に鉄砲を撃ちまくる方式】です。

複数の転職サイトに登録し、自身の希望に合わせて求人を探しまくる。
そして、まずは沢山応募しまくるという事。
1社からの合否判定に一喜一憂しているような暇など転職活動中には時間の無駄でしかありません。

何社も応募し、確実に数をこなしていく。
それが何よりも転職活動をスピーディに行う秘訣です。

一気にやって、自分の人生の次のステップに繋げていきましょう!!

1