1. まとめトップ

味覚の秋!美味しい栗レシピまとめ

9月から10月にかけて旬を迎える栗。茹でたり蒸したりしてそのまま食べるのも美味しいですが、たまにはひと手間かけて美味しい栗料理を作ってみませんか?定番の栗きんとんや栗ご飯はもちろん、ちょっと変わり種のレシピまで幅広くそろえました。

更新日: 2019年09月28日

2 お気に入り 2296 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

Do30PRさん

【秋は栗が美味しい季節!】

食欲の秋においしく頂ける栗。ケーキ屋さんやカフェでも栗を使ったメニューが登場すると秋らしさを感じますね。シンプルに茹でるだけでもおいしいですが、せっかくなら色々な形で楽しみませんか?

栗には沢山の品種があり、早生の品種は8月中旬頃から、晩生の品種で11月下旬頃まで収穫されますが、中生の9月~10月が一番多く出回ります。

おいしいのは、大きくてふっくらと丸みがあるもの。皮がツヤツヤしていて光沢感があるかどうかもポイントです。小さい穴が空いていたり、傷が付いていたりするものは避けましょう。

‟蒸し栗”のほうがよりホクホクとした仕上がりで、水っぽさがない分、栗の味や甘みがしっかり濃いです。

‟ゆで栗”はもう少ししっとりとしていて、栗の味は比べると少し抜けています(水でゆでているため)。ただ、塩水でゆでているので、ほんの少しの塩気が栗の味や甘みを引き立ててくれます。

【栗デザート】

栗料理と言えば栗きんとんやモンブランといった
デザート類が代表的ですよね。

料理初心者でも作れる簡単なおやつから
じっくり時間を掛けたい凝ったスイーツまで
様々なデザートレシピを集めました。

栗きんとん

毎年、栗をいただきます。
今年は家族のリクエストで栗きんとんをつくりました。
甘さを少し控えました。

栗のひとくちあんこ

材料(2人分)
栗(渋皮煮) 2~3個
こしあん 80~90g
ラム酒 小さじ1/2~1
きな粉 適量

栗と練りこしあんを混ぜて、ひとくちサイズの可愛い和菓子に。苦い抹茶と相性抜群です。

栗ようかん

材料(4人分)

白こしあん 100g
マロングラッセ 8~10個
粉寒天 2g
水 300ml

白あんで作るレシピです。一般的な栗ようかんは小豆餡のあずき色をしているので、こちらの白い栗ようかんは見ても楽しめるひと品です!

焦がしバターのしっとりマロンケーキ♡

材料 (18~21㎝の丸型1台分)

マロンクリーム 200g
アーモンドプードル 100g
卵M~Lサイズ 4個
砂糖(きび砂糖使用 お好みで)80g
バター 100g
栗の甘露煮や渋皮煮 8~10個ほど
仕上げ用の粉砂糖 適量
※お好みで、ラム酒大さじ半分ほど

しっと~り滑らか♡スイートポテトのような食感のケーキ♪焦がしバターとマロンの香りがふんわり美味しい♡ おもてなしにも♪

混ぜるだけで簡単!「栗と白あんの蒸しぱん」

材料(蒸しぱん8個分)

卵 1個
きび砂糖 50g
牛乳 100cc
薄力粉 100g
ベーキングパウダー 小さじ1
栗の渋皮煮 100g
白あん 100g
太白ごま油 大さじ1

混ぜるだけの簡単な蒸しぱん。秋は栗やあんを入れてちょっと甘めに仕上げてみました。
ぼこぼこした自由な形(笑)が可愛いので、形は気にせず気軽に作ってみてくださいね。

1 2 3 4