1. まとめトップ

「ハゲ」や「薄毛」はこれで卒業!?AGAの原因・対策・解決法を徹底解説!

今回はAGAの原因・対策、そして具体的な解決法を全てまとめました。ハゲや薄毛に悩んでいる人はぜひ、参考にしてみてくださいね!

更新日: 2019年10月03日

1 お気に入り 169 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

AGAとは…

AGAは“Androgenetic Alopecia”の略で、「男性型脱毛症」のこと。

AGAは、思春期以降に始まって徐々に“進行”する、成人男性の生理的な現象で、額の生え際(前頭部)や頭頂部の髪の毛が細く短くなり、髪が薄くなっていくのが特徴です

早い人では、思春期を過ぎた20歳頃から発症します

また、日本人男性のAGAの発症率は、約30%と報告されています

最近の悩み…パッと聞いた横文字がどの意味がわからないこと、、 AGA(男性型脱毛症) AGC(ガラスメーカー) AGE (食べ物を加熱すると増える老化物質)

僕の男性フォロワーの8割が抱えるAGAの悩みの共感ふぉぼは歓迎しますが、ハゲがおるぞ!の晒しRTはご遠慮願います

20年前の中学1年生?のときの写真と、AGA治療開始直後の写真を比べてみました 昔はこんなにおでこが狭かったのか… あの頃はこんなにおでこが後退するなんて微塵も思ってなかったよw 天パで悩んでたけど、それは髪があるからこその悩み pic.twitter.com/FvnJWgYaQf

AGAの原因は?

①男性ホルモン

男性ホルモンとは、主に睾丸から分泌されるホルモンで、テストステロンと言われています。

このテストステロンが、血液を通して体中を巡り頭皮に存在する5αリダクターゼという酵素と結びつくことで、より強力な男性ホルモンであるDHTに変化します。

これが毛乳頭にある男性ホルモンレセプターと結合して脱毛因子「TGF-β」を増やし、毛乳頭や毛母細胞へ髪が抜けるよう指令を出します。

AGAの発症には、「ジヒドロテストステロン(DHT)」という男性ホルモンが大きく関与していることがわかっています。

②遺伝

AGAと遺伝の因果関係は明確に解明されていませんが密接な関係があると考えられています。

遺伝によって5αリダクターゼを多く生産する体質や感受性が高い男性ホルモンレセプターを受け継いでしまった場合は、AGAを発症するリスクが高くなることがわかっています。

③生活習慣

AGAの原因には遺伝などの先天的要素のほか生活習慣の乱れなどの後天的要素もあると考えられています。また、以下のような後天的要素はAGAの進行を早めるとも言われています。

偏った食事や過度なダイエットは、髪の製造に必要な栄養の不足を引き起こし、運動不足や睡眠不足、睡眠サイクルの乱れ、過度のストレスなどは自律神経やホルモンのバランスを乱す原因となります。

また、喫煙や過度な飲酒なども、血流が悪くなり髪に栄養が行き渡りにくくなったり、髪の製造に必要なタンパク質を合成する肝臓に負担をかける原因となりますのでよくありません。

AGAの対策は?

■DHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑制

最も有効なAGA(男性型脱毛症)対策の1つが男性ホルモンに対する対策です。

つまり、男性ホルモンであるテストステロンをDHTへ変換する酵素である5αリダクターゼ (主に2型)を阻害したり、DHTを生成しにくくすることがAGA対策として有効となります。

1 2