1. まとめトップ

注意!蜂が活発化 アウトドアで子どもを守るための3つの約束事

蜂は春から秋にかけて活動するそう。そのなかでも秋は攻撃性が高いらしい。秋はまだまだBBQや登山など楽しめますよね。家族で楽しんでるときに蜂が来たら楽しさが半減してしまいます。そうならないためにこの約束を守ってみましょう。知っているのと知らないのでは大違いです。ご参考までに。

更新日: 2019年09月26日

3 お気に入り 2868 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

過ごしやすいからと油断してはいけない。

8429karioさん

秋になった!

最近、過ごしやすい日が増えています。
夏は暑すぎて出来なかったキャンプ、BBQ、登山、etc. これらが楽しく出来ます!紅葉など風情を感じながら、家族でアウトドアを楽しみましょう!

派手な格好、においのきついもの使ってない?

この時期注意してほしいこと…それは

蜂が最も活発化するのはじつは秋なんです。
巣が大きくなり蜂の数も増えるそう。

攻撃性のあるスズメバチやアシナガバチに遭遇したら大変!

どうして秋に活発化するの?

蜂の種類によって違いはありますが、蜂のほとんどは冬を越す前に死んでしまうそう。

秋のシーズンは、虫が少なくなり、
働き蜂たちは普段より遠くまでエサを探しに行かなくてはなりません。

また、この時期はオオスズメバチが他の種類のスズメバチの巣を襲い
幼虫や蛹をエサとして持ち帰ることが多いため
他の種類のスズメバチたちは神経質になる時期でもあります。

蜂同士でも奪い合いがあり、冬を迎える前に立派な巣を作ろうと必死なんですね。

しかも

さらに!新女王となるハチの育成期間にもなります。

それに伴い、巣の最終段階ともなり巣が最も大型化し、
繁殖期真っ最中で働き蜂の数も最も多くなる時期。
活動が活発に行いより気が立った状態で、わたし達人間に出会うことになります。

ピリピリした状態で人間に出会ってしまったら…あぁ、恐ろしい

蜂に出会わないようにするにはどうすればいいの?

せっかく秋キャンプ楽しみにしてたのに…

① 近づかない

これが大前提です。近づかなければ、蜂も必要以上に襲ってきません。
しかし、やってしまいがちなことがあります。
それは……

目の前にきたらついつい手で虫を追いはらってしまいますよね。

これ、蜂に対してやってしまうと、「敵認定」にされてしまうかも!

秋になると巣の出入り口には門番がいて、巣に近づくと敵かどうかを見極めるために、身の回りをまとわりつくように近づいてきます。その蜂を、手で払ったりすると、飛びかかって針で刺す行動を起こしたり、毒液を針先から噴射してきます。その毒液に中に、巣の仲間に「敵が来たぞ!」と伝える意味をもつ「警報フェロモン」が、含まれています。

一匹に毒液をかけられたら、仲間が次々現れます。

② においをつけない

キャンプのときに香水をつけていく人はあまりいないとは思うのですが、だからといって油断してはいけません。

蜂は匂いに敏感らしいので、香水などを嗅ぎ付け近づいてくることも

普段つけている香水や整髪料のなかには、スズメバチの警報フェロモンとよく似た成分をふくんでいる製品があります。そのため、香水や匂いのする整髪料をつけていたために、スズメバチの「警鐘ホルモン」を刺激して、徘徊している働きバチから、攻撃をうけるおそれも出てくるのです。

柔軟剤を使っている人も気をつけてくださいね!

においを完全に消すことは難しいですよね。

でも、蜂が嫌うにおいもあるんです!

それは……

ハッカ油

ハッカ油とは主に、和種ハッカ(ニホンハッカ)の葉からとれる抽出油のことを言います。

ハッカ油に含まれる成分(メントール)には、虫の忌避効果があります。

害虫によく効くらしい!

特にスズメバチに効果バツグン!

簡単にスプレーを作れば、持ち運びも楽ちん♪

においは強烈ですが、慣れれば強い味方です。

ハッカ油スプレーの材料
・無水エタノール 10ml
・ハッカ油    20〜40滴
・精製水     90ml
・スプレー容器  1本
作り方
① 無水エタノールとハッカ油をよく混ぜ合わせ、容器に移す
② 精製水を①に加え、よく振って混ぜ合わせたら出来上がり

完成したハッカ油スプレーは劣化を防ぐために直射日光の当たらない冷暗所で保管しましょう。

原液を肌につけないよう要注意!

また、ハッカ油に含まれる成分が容器を溶かすこともあるので、
容器は、「ポリエチレン(PE)」や「ガラス」を用意しましょう

③ 黒は避けよう

ただ、上記にある通り、「敵認定」されたら色は関係ない

蜂は視覚と嗅覚が発達しているため、それらを刺激するものに強く反応します。

蜂は「黒色」に反応して狙ってくる習性があります。

蜂が黒色を狙う理由は諸説ありますが、蜂の天敵である「熊の色に近いため」という理由が有名です(科学的根拠があるわけではありません)。

ただし、黒色の服を着ているからといって、必ず狙われるわけではありません。蜂は基本的に、巣に被害がなければ襲ってきません。

巣に近づいたり、追い払おうとすれば黒い服を着ていなくても襲ってきます。

ただ、巣があることに気づいていないときなどに危険な目に合わないためにも、山などの蜂が多い場所に行くときは、黒い服を避けたほうがいいでしょう。

なるべく濃い色はやめたほうがいいのかもしれません。

蜂を刺激しない服を着ましょう

それでも刺されてしまったら……

応急処置をしてください

1 2