1. まとめトップ

約束のネバーランドがまさかの実写化! 浜辺美波主演

映画『君の膵臓を食べたい』でブレイク以降、振り幅の広い演技で出演作が相次ぐ浜辺美波。そんな浜辺が人気漫画の実写化映画『約束のネバーランド』に主演決定。監督は平川雄一朗、共演に城桧吏、板垣李光人。

更新日: 2019年10月14日

1 お気に入り 35343 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆『君の膵臓を食べたい』でブレイクした浜辺美波

『君の膵臓を食べたい』(2017)

浜辺美波と北村匠海

浜辺美波は、10歳のときに「東宝シンデレラ」に参加し、ニュージェネレーション賞に選ばれたことをきっかけに芸能界入りしました。

'15年にドラマ『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない』で注目を集め、'17年『君の膵臓を食べたい』でブレイク。

映画『君の膵臓をたべたい』で第30回日刊スポーツ映画大賞新人賞、第42回報知映画賞新人賞、第41回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。

◆振り幅の広い演技で出演作が相次いでいる

『映画 賭ケグルイ』(2019)

浜辺美波

2018年は「となりの怪物くん」でネガティブな女子高校生を、ドラマ「賭ケグルイ」ではギャンブル狂いの美少女役、映画「センセイ君主」では猪突猛進で恋にいちずな女子高校生をコミカルに演じるなど、幅広い役どころに挑んだ。

2019年も「アルキメデスの大戦」では世間知らずのお嬢様、年内公開予定の「屍人荘の殺人」では卓越した推理力を持つ女性探偵を演じる。

◆またバラエティーからCMまで活躍は多岐にわたっている

集英社文庫「ナツイチ」キャンペーン

浜辺美波と北村匠海

また、5月31日放送の「さんまのまんま35年目突入SP」(関西テレビ・フジテレビ系)、6月2日放送の「行列のできる法律相談所」(日本テレビ系)といったバラエティーにも呼ばれ、天然ぶりが話題に。

NTTドコモ「星プロ」シリーズや味の素「Cook Do」、花王「ビオレ」のCMでも親しまれ、集英社文庫のキャンペーン「ナツイチ」のイメージキャラクターにも起用されています。

◆そんな浜辺が『約束のネバーランド』に主演決定

3000RT:【実写化】映画『約束のネバーランド』、浜辺美波がエマ役に news.livedoor.com/article/detail… 城桧吏がレイ、板垣李光人がノーマンを演じる。映画では“出荷”の年齢を12歳から16歳に引き上げるという。2020年冬公開。 pic.twitter.com/MQtUu7GlLc

浜辺美波が来年公開される映画「約束のネバーランド」に主演することが分かった。

16年8月から週刊少年ジャンプに連載中で、累計発行部数1600万部超の白井カイウ氏(作画・出水ぽすか氏)の人気漫画が原作の脱獄サスペンス。

「第63回小学館漫画賞」(少年向け部門)、「このマンガがすごい!2018」(オトコ編1位)など国内の漫画賞を受賞。1月期にはテレビアニメも放送された。

◆孤児院の子供たちが食用だっという衝撃のストーリー

「孤児院で幸せに育てられていた子供たちは、食用児として鬼に献上されるために飼育されていた」という衝撃的な導入で始まる同作。

楽園と信じていた孤児院は、食用児を育てる農園。母親のように慕うママは、最上級の食用児を育てる飼育監だったのだ…。

全てが偽りと気付いた主人公の孤児・エマ(浜辺)ら3人の少年少女たちは孤児全員を引き連れ、無謀ともいえる脱獄計画をスタートさせる。映画は設定を変え、孤児が“出荷”される年齢を12歳から16歳に引き上げる。

城桧吏(13)が現実主義でクールな少年レイ、板垣李光人(りひと、17)が理性的でリーダー格の少年ノーマンを演じる。

◆浜辺らのコメントも届いた

「美しい世界観を表現する難しさに頭を抱えたこともありましたが、作品に懸ける平川監督、スタッフの皆様と元気いっぱいの子供たち、何より私の中にある“原作愛”を原動力にすることで、迷いを乗り越え、演じることができて良かったと思えるようになりました」

浜辺のコメント

「自分にはない部分が多いので、より近付けるように大人の人と話す機会を作ったり、監督から教えてもらった作品を見たり、色々な準備をしながら学んできました。ステキな映画になると思います」

城のコメント

1 2