1. まとめトップ

【人間とは何か】人類学・考古学 世界は人間なしに始まり、人間なしに終わる

カール・フォン・リンネ、チャールズ・ダーウィン、ルース・ベネディクト、クロード・レヴィ=ストロース、フィリップ・フランツ・フォン・シーボルト、エドワード・S・モース

更新日: 2020年01月10日

1 お気に入り 136 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

世界の創造理由⇒× 世界の創造方法⇒× 世界の破壊理由⇒× 世界の破壊方法⇒○ 一つの生命体に知能を与える

ポケナイさん

目次

人類学
考古学
カール・フォン・リンネ
チャールズ・ダーウィン
ルース・ベネディクト
クロード・レヴィ=ストロース
フィリップ・フランツ・フォン・シーボルト
エドワード・S・モース

人類学

人類はどこから来たのか?
人類は過去、何をしてきたのか?
人類は今、何をしているのか?
人類は未来、何をするのか?
人類は未来、何をすべきなのか?
を研究する学問であり、様々なアプローチがあります。

そんなことより、ほも美を研究してどうぞ。(貴方、一人でやってどうぞ)

考古学

人類の過去の遺産を、発掘・調査する。
そうして、上述した物事を、研究する。

新しい発見により、歴史は覆される。
つまり、学校の教科書には、所々に、嘘が載ってある。

嘘をついたら駄目なんて、誰が決めたんですか?
世界一の嘘つきに、私はなる!!!!
世界一の嘘つきになったら、どうなるんだろう。

おそらく、世界のほもから狙われると思うんですが?
……ご褒美だな。つっこむのがめんどくさいので、全力で無視します。

カール・フォン・リンネ

スウェーデンの博物学者です。分類学の父。
ドイツの文豪ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテが、尊敬した方でもあります。

チャールズ・ダーウィン

本書で到達した主要な結論、すなわち人間はある下等な生物から派生したという結論は、残念なことに、多くに人には実に厭わしく感じられるだろう。しかし、我々が未開な原始人の子孫であることにはほとんど疑問の余地はない。

出典『種の起源』チャールズ・ダーウィン

1897年、後述する東京帝国大学教授であったエドワード・S・モースが、進化論を体系的に紹介します。
キリスト教徒からの反対の意見があったが、大衆には比較的容易に受け入れられた。

欧米では、ふざけるな!
日本では、おっ、そうだな。
何故なのか?
TDN宗教の違いのためなのか?

ルース・ベネディクト

『菊と刀』で知られるアメリカの文化人類学者です。
日本に一度も来日していないのに、書くのか(困惑)。
日本に一度も来日していないのに、これ程の作品が書けるのか(困惑)。

クロード・レヴィ=ストロース

フランスの文化人類学者です。
親日派として、日本に幾度も来日しました。
彼の思想を簡単に言えば、
貴方達は、未文明の人々より偉いと思っているけど、本当に偉いのかい?
貴方達は、進歩発展だと言っているけど、本当に進歩発展しているのかい?
貴方達は、もしかしたら、退歩破壊しているかもしれないぜ?

フィリップ・フランツ・フォン・シーボルト

この方は、歴史の授業で、皆さん学んだかと。
ドイツの医師、日本に来日し、鳴滝塾を開設する。
ドイツに帰国し、ヨーロッパの日本学の父となる。

エドワード・S・モース

アメリカの動物学者あり、日本に来日したお雇い外国人です。
前述した、進化論を日本で初めて紹介した以外に、大森貝塚の発掘でも知られています。
日本の人類学、考古学の基礎を構築する。

一つの理論がある。 それは全てのほもを不幸にする。 それは知性でも理論でも壊せない。 奈良ば心情で (ほもは存在自体不幸だから、何も問題ない) 安心して、もっと不幸にしてやるよ! #命と数 #ほもあいすてぃー問題 nico.ms/sm20861579?ref…

1