1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

この記事は私がまとめました

ラガモさん

初めてのエッセイ執筆に挑戦

幼稚園からの幼馴染だった澤部佑と2005年に「ハライチ」結成。

結成後すぐに注目を浴びる。ボケ担当でネタも作っている。アニメと猫が大好き。特技はピアノ。

「食べログ」低評価店の惨状に驚愕しつつ、歯医者の予約はことごとく忘れ、野球場で予想外のアクシデントに遭遇する……事件が起きないはずの「ありふれた人生」に何かが起こる、人気エッセイがついに単行本化

日常生活でのささいな出来事が岩井ならではの視点で綴られ、また彼の手描きイラストも添えられている。

生き方や考え方について綴るエッセイ集

Twitter に掲載した情報とは違う行動を繰り返したり、恋愛バラエティ風の企画では平然と二股を繰り返したため、今や「嘘つきキャラ」「クズキャラ」が定着している安田大サーカスのクロちゃん。

「人生」「好きなこと」「恋愛」「仕事」「哲学」の全5章で構成されており、「親から仕送りをもらうのは親孝行」「おかしくなる前に考えるのをやめる」「僕が一番まともな人間なんだと思う」といったクロちゃんのメッセージが詰まっている。

初版は1万部。「増刷するんじゃないですか96万部は売りたい。ミリオンはおこがましいし、クロちゃんなので…」とアピール

「本を買ってください。30分くらいで読める。何度も読むと読む速度が速くなって、内容の深さに気がつく。速読の訓練に…」と話した。

クロちゃん著『クロか、シロか。クロちゃんの流儀』読みました。1割は共感できて1割はためになり、8割は「なに言ってんだ、こいつ」と心底思わされる、そんな愉快な本でした。 pic.twitter.com/u5401D6ISN

不屈の最強頭脳が明かす、鉄壁のメンタル教本

芸人としての活動のみならず、ダンス&ボーカルグループ、ファッションブランド経営、大学講師、執筆活動、そしてYouTuberと、ジャンルの枠を超えて幅広く活動を続ける、中田敦彦

一見すると順風満帆に見える彼ですが、実際はアップダウンの激しい人生でした。にも関わらず、彼がくじけずに何度もチャレンジし続けることが出来たのは、中田さんならではのメンタルハックがあったから

“くじけないメンタル” と “冷静な思考”を持つために実践している41のメンタルコントロール術を、「基礎編」、「仕事編」、「人間関係編」、「組織・集団編」、「人生編」の5つに分けてレクチャー。

◎ぶれない ◎くじけない ◎やり抜く 不屈の最強頭脳が明かす、鉄壁のメンタル術!

アルバム発売になったし、27日は中田敦彦生誕祭だし新刊『中田式 ウルトラメンタル教本』発売日だし、毎日YouTube大学楽しみだし、2ndYouTubeもTicTocもチェックしなきゃだし… ファン冥利に尽きる。ずっと祭りが続く …寝なきゃ

主人公は執筆当時の又吉と同じ38歳の物書き、な小説

2015年『火花』で第153回芥川龍之介賞を受賞したお笑いコンビ・ピースの又吉直樹

「火花」(文藝春秋)、「劇場」(新潮社)に続く「人間」は、昨年9月から今年5月まで毎日新聞の夕刊で連載されたもの。

青春のあともなお続く人生の残酷さと仄かな救済が描かれ、現時点での小説家・又吉直樹の集大成とも言える作品に仕上がっています。

1 2