1. まとめトップ
  2. 雑学

この記事は私がまとめました

stoneflowerさん

▼「在庫一掃半額セール」季節の変わり目などに見かけませんか?

これは。 買うべきではないのか。 いっこ半額で600円ちょっと。 これは。 もう。 大人買いするべきではないのか。 毎日コープに、在庫を確認しに行って。 毎日買わずに帰って来てしまう。 欲しい。 全部買いたい。 でもなー。置き場所がなー。 って。 買いそびれ続ける。 pic.twitter.com/LqcqFq2MnV

一足定価300円の靴下がオープニングセールと決算セールの為50%オフの150円で販売されていた。コレはお買い得だなと思って、色違いで合計6足持ってレジに並び、お金を千円出したらお釣りが550円帰って来た。レジにて更に半額だった様で、満足と共にどんだけお店に利益あんのって思った日曜日

2年ぶりに服買った! 服って傷まないし、流行とか気にしないし、レジにて半額だったし!安かったし! pic.twitter.com/Cb8ycPUW3j

どんどん安くなるなか、気になるのは企業が儲かってるのかどうか

□なぜ半額にしてまで売るの…?その理由に納得!

・「仕入れ値の問題」

・「在庫を抱えていても売り上げに繋がらない」

仕入れ値を切ってでも売ったほうが得策の場合があります。売れなければ1円のお金にもなりませんが、半値でも売ればお金になります

・「在庫の置き場所がない」「倉庫代がかかる」

在庫分が費用にならないということは在庫に税金がかかっているのと同じことです。売れない在庫を処分すればその分、節税になります

うちの店の頭おかしいところ ・バックルームの在庫置き場はキツキツなのに新商品は片っ端から全て入荷。 ・半額にした商品を新たに1箱発注 ・発売1週間しかたってない新商品を値下げ(半額)処分

▼ただし、半額の「食品」を買う場合は注意を!

値下げシールを貼られた商品には、安くなっている理由があるということをよく理解して、値下げ幅がほどほどのところで上手な買い物

1 2