1. まとめトップ

今が旬!!「秋鮭」の選び方と栄養とレシピ

今が旬!!「秋サケ」の選び方と栄養とレシピ

更新日: 2019年09月27日

3 お気に入り 1527 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

pinus6_3さん

サケの旬

一般的に日本で鮭というと「白鮭(シロサケ)」を指します。白鮭は9~11月までの間に生まれた川に戻って産卵します。

産卵の為に川を遡る直前の鮭が、脂がのって最高に美味しい状態になります。ちなみに白鮭のメスは卵(筋子)をたくさん抱えており、筋子やいくらも旬の時期が一番美味しく食べられます。

サケの選び方

家庭で買う切り身の場合なら、皮が銀色で切り口に艶があるもの。身が鮮やかなオレンジ色のもので、しっかり硬いものを選びたい。

切り身は締まって弾力があるもの。
透明感があり、脂肪の白い筋が入っているもの。
身にハリがあるものを選ぶ。

鮭の栄養と効能

100gあたりのカロリーは(シロザケ、生)133kcal、(ベニザケ、生)138kcal

栄養素としては、良質のタンパク質、ビタミンA(レチノール)、ビタミンB群(ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、葉酸、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン)、ビタミンC、ビタミンD、ビタミンE、カリウム、ナトリウム、カルシウム、マグネシウム、マンガン、リン、鉄、銅、亜鉛、セレンなどを含みます。

DHAにEPA…オメガ3必須脂肪酸で様々な病気を予防する

オメガ3脂肪酸は血液中のコレステロール値を下げたり免疫力を上げたりして、様々な病気を予防する効果が期待できます。

ビタミンEといえば、若返りするビタミンと呼ばれるほど強い効果・効能をもったビタミンです。このビタミンEより強い抗酸化作用をもった成分がアスタキサンチンです。アスタキサンチンの高酸化作用は、ビタミンEのおよそ1000倍と言われているのは驚きです。

子どものADHDの予防効果

定期的にサーモンを食べる子どもたちはADHDの予防に役立つだけではなく、集中力を高めてくれたり、たくさんのことを記憶できることにもなり、学業成績を高める効果があるという研究もあります。

サケ+チーズ

サケに含まれるビタミンDは、チーズのカルシウムの吸収率を高める作用があります。
これにより、骨粗しょう症の予防や丈夫な歯の維持、ストレス緩和に役立ちます。

サケ+にんにく

にんにくに含まれるアリシンは、サケのビタミンB1の吸収を助ける作用があります。
これにより疲労回復や集中力を高める効果が期待できます。

人気レシピ

1 2