1. まとめトップ

脳制御・脳情報解読・脳情報通信・思考盗聴→ニューロテクノロジーの悪用がテクノロジー犯罪

被害者以外の一般人も電磁波攻撃や音声送信が無く気づいていない(ターゲットでも20代前半までは気づかせない)だけで、アイデア搾取、情報収集、覗き、新技術実験、電磁波の人体への影響実験目的、嫌がらせ等で脳情報解読、書き込み、記憶操作、視覚情報読み取りが老若男女一般人に行われている。

更新日: 2019年11月01日

2 お気に入り 2303 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

研究機関の資料を見ると国民の脳ビックデータや脳ログを作るらしいが、そこにアクセスできる人間にすでに集団ストーカーに参加しているような悪人が混じっている。 音声送信も脳情報通信のようなデジタル音声送信の一方的な送信によるもので一般人にはまだ防ぎようが無い。

長宗我部さん

まず信じなくてもいいので覚えておいて下さい。唯一の予防策が先に知っておくことです  「BMI倫理」を検索して調べましょう

今発表されている脳制御技術の逆→人間の機能の低下するような脳制御が無断で遠隔で行われ嫌がらせや犯罪に利用されている。 指向性のある特殊な電磁波は強い薬物でマインドコントロールする以上に強力で防ぎようが無い。テクノロジー犯罪を知らなければ(記憶・思考の読み取り、ラップ音、幻聴、幻覚、金縛り、人工夢、あらゆる体調不良)原因不明の病気、メンタルの病気、霊能力、心霊現象、超常現象と思ってしまうでしょう。電磁波を使った脳制御、神経の操作でしかありません。 追跡レーダーを使っての監視等大きい機関やグレー企業やカルト宗教や裏社会などでの悪用が囁かれています。

すべてをネットでつなぎ管理しようとするのは便利なことも多いが、脳情報や神経をつないでマインドリーディング(思考盗聴)や脳ハッキングの恐れがある(すでに被害者が出ている)大き過ぎるリスクを一般人がほとんど知らないまま通信革命が起ころうとしている。
脳の検査や、脳波を使うものなどは他に利用されることがないか確認を取ったほうがいいだろう。
原発のようになる前に脳情報を守る法整備をしたほうがいいだろう。

日本でも諜報用レベルの遠隔神経監視技術(思考盗聴・脳制御技術)が悪用されています。

民間でも脳内イメージの抽出技術は、世界各国の研究所にて、恐るべき速度で様々な展開をみせている。ある人の脳内の「イメージ」「言葉」そして「概念」「情念」などを、「声を出す」「目配せする」「キーボードを叩く」等の身体的媒介を経ることなく、別の人の脳に直接伝えるSFの世界が、いまや現実の視野に入ってきた。

ニューロエシックス(neuroethics, 脳神経倫理学) BMI倫理
・マインドコントロールされるか可能性があります。
・脳ハッキングされる可能性があります。
・脳操作される可能性があります。
↓↓↓
可能性ではなくすでに脳制御被害者が多数出ています。→テクノロジー犯罪

老若男女問わずデータがとられています。国に無断脳制御、脳情報解読悪用禁止。法整備を訴えていかなければ脳ビックデータにアクセス出来る人間の個人情報の悪用がさらに増えるでしょう。
国は脳研究推進中の為かまだ何故か動きません。

エレクトロニック・ブレイン・リンク(電子的脳連動)&リモート・ニューラル・モニタリング(遠隔神経監視)アメリカ NSA

脳制御に関する民間の研究 BMI BCI 光遺伝学

光遺伝学(オプトジェネティクス)でうつ症状改善や記憶力の向上恐怖記憶の消去、安眠等色々な病気の改善のために感情増幅制御、睡眠制御、記憶操作等研究が進んでいます。  しかし残念なことにテクノロジー犯罪で脳制御技術は大切な記憶の忘却、不眠中途覚醒、攻撃的な感情や悲しい感情の増幅など真逆に悪用されています。

五感情報送信技術 XR

1 2 3