民間でも脳内イメージの抽出技術は、世界各国の研究所にて、恐るべき速度で様々な展開をみせている。ある人の脳内の「イメージ」「言葉」そして「概念」「情念」などを、「声を出す」「目配せする」「キーボードを叩く」等の身体的媒介を経ることなく、別の人の脳に直接伝えるSFの世界が、いまや現実の視野に入ってきた。

ニューロエシックス(neuroethics, 脳神経倫理学) BMI倫理
・マインドコントロールされるか可能性があります。
・脳ハッキングされる可能性があります。
・脳操作される可能性があります。
↓↓↓
可能性ではなくすでに脳制御被害者が多数出ています。→テクノロジー犯罪

老若男女問わずデータがとられています。国に無断脳制御、脳情報解読悪用禁止。法整備を訴えていかなければ脳ビックデータにアクセス出来る人間の個人情報の悪用がさらに増えるでしょう。
国は脳研究推進中の為かまだ何故か動きません。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

脳制御・脳情報解読・脳情報通信・思考盗聴・ニューロテクノロジーの悪用がテクノロジー犯罪

脳科学は今現在発表されている技術よりかなり進んでいる。インターネットでもビックデータが出来上がるまで自分のあらゆる履歴やデータ、ライフログが保存されているとは一般の人にはわからなかっただろう。 脳情報にいたっては究極のプライベート。 脳ビックデータも作られていると思って間違いないだろう。

このまとめを見る