今発表されている脳制御技術(人体拡張)の逆→人間の能力機能が低下するような脳制御が遠隔ステルスで行われ情報収集、嫌がらせや犯罪に利用されている。
特殊な電磁波や音波は強い薬物でマインドコントロールする以上に強力で防ぎようが無い。テクノロジー犯罪を知らなければ(ラップ音、幻聴、幻覚、金縛り、人工夢、あらゆる体調不良)霊能力、心霊現象、超常現象、原因不明の病気、メンタルの病気、と思ってしまうでしょう。電磁波を使った脳制御、神経の操作でしかありません。 
追跡レーダーを使っての監視等大きい機関やブラック企業やカルト宗教や裏社会などでの悪用が囁かれています。 ターゲットになると24時間遠隔神経監視されますがそれ以外の人間も気付かれないように脳情報は盗られているようです。 ストーカーの最終形態と言われています。 狙われるのは政治的思想や某宗教団体関連、その他逆恨みや心当たりのない人もいるようです。

すべてをネットでつなぎ管理しようとするのは便利なことも多いが、脳情報や神経をつないでマインドリーディング(思考盗聴)や脳ハッキングの恐れがある(すでに被害者が出ている)大き過ぎるリスクを一般人がほとんど知らないまま通信革命が起ころうとしています。
原発のようになる前に脳情報を守る法整備をしたほうがいいでしょう。

次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

脳制御・脳情報解読・脳情報通信・思考盗聴・ニューロテクノロジーの悪用がテクノロジー犯罪

脳科学は今現在発表されている技術よりかなり進んでいる。インターネットでもビックデータが出来上がるまで自分のあらゆる履歴やデータ、ライフログが保存されているとは一般の人にはわからなかっただろう。 脳情報にいたっては究極のプライベート。 脳ビックデータも作られていると思って間違いないだろう。

このまとめを見る