1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

この記事は私がまとめました

ラガモさん

ONE OK ROCK のボーカルとして人気

その圧倒的な歌唱力や楽曲センス、激しいライブパフォーマンスで男女ともに人気を集めています。

歌手の森進一と森昌子の長男であり、2001年にはジャニーズ事務所に入所し、アイドルグループ・NEWSの一員としてデビューも果たしている

最近では、ホンダのCMでナレーションも

ONE OK ROCK×Power Products「Go, Vantage Point.」Honda TVCM

ONE OK ROCKとHondaによるコラボレーション『Go, Vantage Point.』の第4弾テレビCMのオンエアが、9月10日にスタート

そんななか、米のポップスシンガー・MAXとコラボ

MAX - Lights Down Low (feat. Taka from ONE OK ROCK) (Official Audio)

アメリカのポップスシンガー・MAXが、ONE OK ROCKのボーカル・Takaをゲストに迎えた楽曲「ライツ・ダウン・ロウ feat. Taka from ONE OK ROCK」を本日9月27日にリリース

今回のコラボは「ONE OK ROCKがIssuesのアメリカツアーに参加した時のニューヨーク公演にMAXが遊びに来ていて、そこでボーカル3人同士で話したのがきっかけです」とTakaは振り返る。

原曲は、米ビルボードのチャートで3週連続1位を獲得

MAX - Lights Down Low feat. gnash (Official Video)

「ライツ・ダウン・ロウ」は、2016年にリリースされたデビュー・アルバム『ヘルズ・キッチン・エンジェル』の収録曲

MAXが妻エミリーと出会ったばかりの頃に書き下ろし、彼女にプロポーズする際にも使ったというロマンチックな楽曲。

シンガー兼ラッパーを迎えた別バージョンもミュージック・ビデオと共にリリースされ更に注目を浴び、原曲のリリースから約2年後、米ビルボードのアダルト・ポップ・チャートでエド・シーランやチャーリー・プースをおさえて堂々の3週連続1位を獲得した。

ファンからは、さまざまな声が

TakaがfeaturingしたMAXの曲あれいいね。初めて聞いたけどすんごく聞きやすい。日本語の歌詞よすぎるし。後半の2人のハモリはまじで好き

個人的にめちゃくちゃ好きです。 特に日本語パートが好きすぎる☺️ #taka #max pic.twitter.com/JV1Ai3zjzj

ああMaxのLights Down Low前から好きだったけど、Takaとまさかコラボして曲出すとは 最初の日本語のところがグッとくる‼️ 本当にいい曲だし、二人の声に惚れました #MAX #lightsdownlow #Taka #ワンオク #ONEOKROCK pic.twitter.com/BVanepE1OB

あったかくて切ないいい曲 最近のワンオクよりも日本語多いのも新鮮w Takaまた歌上手くなってるし... #MAX #Taka pic.twitter.com/Ozs912hoCN

今年2月には、日本を代表するラッパーとのコラボも話題に

日本を代表するラッパーとして国内のみならず海外のアーティストとも多数コラボを果たしているKOHH

KOHH - I Want a Billion feat. Taka (360 Degree)

1 2