1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

『リカ』だけじゃない!「高岡早紀」のおすすめ作品

2019年秋ドラマ『リカ』に主演する高岡早紀のおすすめ映画・ドラマ。『ストーカー 逃げきれぬ愛』、『14ヶ月 〜妻が子供に還っていく〜』、『天皇の料理番』、『ちかえもん』、『バタアシ金魚』、『忠臣蔵外伝 四谷怪談』、『モンスター』

更新日: 2020年02月16日

2 お気に入り 9331 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

【ドラマ】

◆『ストーカー 逃げきれぬ愛』(1997)

脚本:野依美幸、尾崎将也
出演:高岡早紀、渡部篤郎、河相我聞、井上晴美、遊井亮子、井澤健、宮崎彩子、赤座美代子、神田正輝

ゴルフ練習場に勤める海は、レッスン・プロの田所と不倫中。しかし、彼を家庭に送り返すとき、ふと寂しさを感じてしまう。そんな海と偶然知り合った辰也は、彼女を守れるのは自分だけだと勝手に思い込み、海をつけ狙う。

あの枠で強烈だったのが『ストーカー 逃げきれぬ愛』でした。あの渡部篤郎は本当に怖かった。高岡早紀を見つけた時に走り出す劇伴も怖かったし、神田正輝と別れさせたのを見届けた時の笑顔も怖かった。 pic.twitter.com/YsgLHD1oX0

渡部篤郎の「ストーカー〜逃げきれぬ愛〜」をまだ見てない人がいたら絶対に見てほしいんだけど、渡部篤郎は子供にも優しくて医者なので周りから見たら完璧なんだけど、勝手に高岡早紀んちに忍び込んで湯船に風呂ためて頭のてっぺんまで目開けたまま浸かったりします

◆『14ヶ月 〜妻が子供に還っていく〜』(2003)

原作:市川たくじ
脚本:瀧川晃代、渡辺千穂
出演:高岡早紀、中村俊介、酒井若菜、戸田恵子、石黒賢、蒼井優、菅野莉央、工藤あかり

かつては人気女子アナとして脚光を浴びていた五十嵐裕子(高岡早紀)も、35歳となった今では仕事もまばら。夫・悟(中村俊介)との間に授かった子どもを流産してしまい、友人の娘と称する少女・ナツキ(伊藤沙莉)が持っていた若返りの薬に手を伸ばしてしまう。

14ヶ月~妻が子供に還っていく~ このドラマ、最高でした。 高岡早紀は美しいし、中村俊介はかっこいいし。

ドラマの「14ヶ月~妻が子供に還っていく~」って覚えてる人どんくらい居るんだろ? 10年以上前のドラマなんだけどめっちゃ好きだったんだよなぁ ファンタジー(?)要素があって本当に素敵なお話なんですよ 中村俊介さんと高岡早紀さんが主演で 主題歌も未だにカラオケで歌うくらい好き

◆『天皇の料理番』(2015)

脚本:森下佳子
原作:杉森久英
出演:佐藤健、黒木華、鈴木亮平、小林薫、高岡早紀

ひょんなことから食べたカツレツをきっかけに、西洋料理のシェフになるという壮大な夢を抱いた片田舎の青年・秋山篤蔵。彼が天皇の料理番を勤め上げるまでに成長していく姿を、史実に基づいて描く。

高岡早紀と佐藤健

ベイスト聴かずに録画しておいた『天皇の料理番』みる。 ああ!!高岡早紀最高!!

天皇の料理番は現時点での21世紀最高傑作だ。自分のやりたいことを追い求める気持ちは男になら誰にでもある。男は根本的にはみんなルパンだ。その点で佐藤健には感情移入しやすい。佐藤健のために一歩引く黒木華と高岡早紀の艶っぽさも良い。5段階で5おもしろいドラマってのはこういうドラマだよ。

◆『ちかえもん』(2016)

脚本:藤本有紀
出演:青木崇高、優香、小池徹平、早見あかり、山崎銀之丞、徳井優、佐川満男、北村有起哉、高岡早紀、岸部一徳、富司純子、松尾スズキ

青木崇高と松尾スズキ主演による新感覚コメディ時代劇のBOX。大坂道頓堀で人形浄瑠璃「曾根崎心中」が空前の大ヒットに沸いた半年前、作者の近松門左衛門は超スランプに陥っていた。そんな近松の前に、謎の渡世人・万吉が現れ…。

毎日 #ちかえもん PR 佐川満男さん演じる吉兵衛と、高岡早紀さん演じるお玉。厳しい時もあるけど、情にあつくておもろい天満屋主人夫婦です。 #ぎんがえもん 【時代劇の域を超えた!見ればハマる痛快コメディ】「ちかえもん」2019年2月3日にチャンネル銀河で一挙放送! ch-ginga.jp/recommend/news… pic.twitter.com/Cy09KF8op5

ちかえもん、期待に違わぬ面白さだったー。 北村有起哉さんや青木崇高さんの評価が上がると嬉しい。お二人とも名演だったー!松尾スズキさんも最高。おそでの優香と、天満屋おかみの高岡早紀という脇の女優さんたちもとても良かったし、ちょろっと忠臣蔵で出てくる狂言師さんたちとか芸の細かいこと!

【映画】

◆『バタアシ金魚』(1990)

監督:松岡錠司
脚本:松岡錠司
原作:望月峯太郎
出演:筒井道隆、高岡早紀、浅野忠信、伊武雅刀

主人公のカオル(筒井道隆)は高校生。同じ高校のソノコ(高岡早紀)に一目惚れをして、彼女の気をひくために泳げもしないのに水泳部に。嫌っても嫌ってもガムシャラに自分を売り込んでくるカオルに、ソノコはほとほと困り果て、ついにはノイローゼに…。

「バタアシ金魚」90年 松岡錠司初監督作。望月峯太郎の漫画が原作。浅野忠信を観たのはこれが初めてだったけど子役なんでわかんなかった。高岡早紀はもう光ってるんじゃないかってくらい美少女だった。筒井道隆は変わんないねー。 pic.twitter.com/YxQAUSTZj5

バタアシ金魚の高岡早紀は最高だった(一回観ただけだけど)

映画『バタアシ金魚』は傑作で最高で本当に大好きなんだけど(高岡早紀の水着姿‼︎)、パンフレットには監督の松岡錠司と岡崎京子と荒井晴彦というすごい組み合わせの対談が載ってるのでこちらもオススメ。 pic.twitter.com/eHqekthVe8

1 2