1. まとめトップ

ベンチャー企業の成功・失敗 あかさたな

ベンチャー企業は成功よりも失敗する例のほうが圧倒的に多いのですが、ベンチャー企業が挑戦することで社会は進歩します。例え不純な動機であったとしても、挑戦することは素晴らしいことです。成功しなくとも挑戦したことで「得る」こともたくさんあります。

更新日: 2019年09月28日

0 お気に入り 39 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ベンチャー企業は成功よりも失敗する例のほうが圧倒的に多いのですが、ベンチャー企業が挑戦することで社会は進歩します。例え不純な動機であったとしても、挑戦することは素晴らしいことです。成功しなくとも挑戦したことで「得る」こともたくさんあります。

m.satoakiさん

「ベンチャー企業」とは

産業構造の転換期には、産業の主役が交代し、最先端の分野でそれまでなかった新しいビジネスが生まれ、そして新しい市場が作り出される。そんな時代のニーズを背景に、独自の技術や製品で急成長していく企業を「ベンチャー企業」と呼んでいる。

普通この呼び方は、新規に興され、創業からあまり時が経っていない企業に対して用いる。

ベンチャー企業は、あらたなビジネスを育てている状態です。将来的には大きく化ける可能性があっても、現段階では財政的に厳しく、投資機関から援助を受けていることが多いです。

また、大企業と違って、企業のネームバリューや福利厚生ではなく、やりがいやビジョンに共感する人を中心に求人・採用する傾向があります。

スタートアップ企業が成功するための必要条件は、卓越したビジネスモデル(アイデア)、人材、資金である。このうちの1つでも欠ければ成功は難しい。それに加えて、製品/サービスの開発スピードとタイミング(運)も重要である。
 だが何といっても先立つものはお金だ。

ベンチャー企業から成功した例

零細ベンチャー企業が大躍進を遂げ、大をなす優良企業となった一番の例が「京セラ」ではないでしょうか。

・株式会社リクルート創業者 江副浩正
江副さんは東京大学在学中に、学校の掲示板に貼ってある求人募集に目をつけて、この求人を東大新聞に広告として載せられないか?と考え、企業に対して広告事業を開始しています。

・ソフトバンクグループ株式会社創業者 孫正義
孫さんはカリフォルニア州のホーリーネームズ大学に在学中、音声装置付きの多国語翻訳機の試作機を発明し、シャープの専務に直談判で売り込み、1億円で買い取ってもらったそうです。

・株式会社リブセンス創業者 村上太一
村上さんは史上最年少25歳で上場を経験した学生起業家です。入学してすぐのビジネスコンテストで優勝をして、そして大学1年の終わりにリブセンスを設立しています。

・有限会社オン・ザ・エッヂ(現・株式会社ライブドア)創業者 堀江貴文
堀江さんは大学4年の時に、プログラマーとして企業でアルバイトを経験。その後Webサイトの制作会社として会社を設立されています。

海外
・マイクロソフト創業者 ビル・ゲイツ

・Facebook創業者 マークザッカーバーグ

【楽天】
インターネットで人は物を買わないと言われた時代に、従業員6人、13店舗で『楽天市場』は誕生しました。

【GREE】
~最初の規模~
2004年2月21日、創業者の田中良和さんによって“個人的な趣味”として一人でGREEは開発されました。その後利用者が増加し、個人での運営が難しいと判断して、運営母体としてグリー株式会社が設立されました。

【サイバーエージェント】
~最初の規模~
サイバーエージェントのスタート時は、メンバーたったの3人だけ。
全員が朝から晩まで、ウェブマネーという電子マネーの取扱サイト開拓、Webサイトの制作請負など、様々なインターネット関連商品・サービスの営業代行に明け暮れたそうです。

【CCC(カルチュア・コンビニエンス・クラブ)】増田宗昭
1951年大阪府枚方市出身。同志社大学経済学部卒業後、鈴屋などを経て、1983年に「TSUTAYA」の前 身である「蔦屋書店」を創業。1985年カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)株式会社を設立 、代表取締役社長に就任。2000年東証マザーズに株式を上場。2003年東証一部に上場。
TSUTAYA店 舗を全国に展開し、業界ナンバーワンのレンタルチェーンを築いた。現在はTポイントなどの新 事業にも注力し、世界一の企画会社を目指している。2003年度第5回企業家大賞を受賞。

成功する起業家の共通点

01:製品の品質と経験の向上で頭がいっぱい
02:会社が才能の宝庫
03:少ない言葉で明確に企業の構想を説明できる
04:初期の段階から収益を上げる
05:タフで冷静
06:出費を低く保つ
07:少数の熱狂的なユーザーを作る
08:着実に成長する
09:成長に努力を注ぎ込む
10:成長努力と思い描く未来への戦略との間でうまくバランスをとる
11:行うことの大きさを測らない
12:柔軟な姿勢を持っている
13:優先順位をつけるのがうまい
14:創業者がいい人
15:うわべだけのスタートアップにのぼせない
16:物事を済ませる才能
17:決断・行動が早い

ベンチャー企業から失敗した例

ベンチャーに命を懸けた青年の物語

この方も一時期は業界で注目された方です。

この本を読みますと、経営者の心の揺れが微妙に伝わってきて、いろいろと考えさせられます。

起業に失敗する共通点

1 2