1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

この記事は私がまとめました

canty0628さん

▼金曜日にテレビで放送されたアメコミの人気作品

『ダークナイト』は現在大きな市場となった「アメコミ映画」というジャンルを確立したとも言える超名作です。

バットマンの実写映画作品としては累計で第6作品目となる。

SF・ホラー・ファンタジーを専門とするスクリーム賞では作品賞、監督賞、スーパーヒーロー賞、悪役賞など主要6部門を独占。ピープルズ・チョイス・アワードやゴールデングローブ賞、英国アカデミー賞などでも数多くの賞を獲得。

そんな映画に出てくる敵と言えば

バットマンとジョーカーといえば世界で一番有名なヒーローとヴィランです。

原作では1940年(Batman #1)に初登場し、以降バットマンの最凶最悪の宿敵として同シリーズに君臨しつづける。

口の両端に裂けた傷跡がある顔を白塗りにしている。笑っているかのよう口の周りを赤くペイントし、目の周りは黒く縁取りし、髪は緑い色である。紫色の上着を着用している。

▼「ダークナイト」でジョーカーを演じたのは

2000年の『パトリオット』、2001年の『チョコレート』などの映画に出演して評価を積み重ね、自身のハリウッド初主演となる『ROCK YOU!』(2001年)のヒットでトップスターの仲間入りを果たす。

05年の「ブロークバック・マウンテン」では、アカデミー賞主演男優賞にノミネートされる。

▼当初は批判だらけだったヒース版のジョーカー

ヒース・レジャーの演じるジョーカーがティム・バートン版『バットマン』のジャック・ニコルソンが演じたジョーカーを超えられるはずがないと世界中から否定の声があがりました。

ダークナイト途中から見たけどジョーカー役の人の演技が上手くて面白かったな…最初から見ればよかったかな

ダークナイト面白かった… ジョーカーの演技素晴らしすぎた

▼ヒース版ジョーカーが完成するまで・・・

2007年、撮影終了後のヒースがジョーカーについて振り返っているインタビューは存在する。そこでヒースは、「出演のオファーがあった5秒後には、どう演じるべきなのか分かっていた」と述べ、出演を引き受けた理由を話している。

ヒースは当時のインタビューで、ジョーカーについて「今までで一番楽しかった役だし、今後もずっと一番楽しい役でありつづけると思う」と語った。

パンクロッカーのシド・ヴィシャスの見た目や、「時計じかけのオレンジ」(1971)のアレックスのキャラクターを参考にしたという。

▼役作りにがスゴイ

1 2