1. まとめトップ
  2. 雑学

マジかよネクターは桃じゃなかった…驚きの事実に驚きの声が!?

ネクターといえば、何を想像されますか?多くの方は桃を想像されるかもしれませんが、本当の意味は違ったようです。実はギリシャ神話に関係するもので、神の飲み物だというのですからとても驚きです。皆さんも事実を知って、みんなに話してあげるのはいかがでしょうか?

更新日: 2019年09月29日

26 お気に入り 132494 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ネクターが大好きな人が多い

1964年の発売から、40年以上の長きにわたり愛されてきた「不二家ネクター」。

不二家ネクターは1964年に誕生し、今では50年以上も続くロングセラーブランドとなって皆様に愛されています。

長く愛されている秘密は果実をまるごと裏ごしした果実の素材そのままの味わいだから。

濃厚でまろやかな味わいの不二家ネクターはさらに進化を遂げています。

時代に合わせてパッケージもリニューアルしてきました。昔の素朴さはそのままに、今もなお愛され続けています。

ネクターを桃と思っている人はいますか?

桃はバラ科桃属の木になる果実で、中国が原産とされています。

日本では縄文時代から既に種が見つかっていますが、主に食用として本格的に栽培が始まったのは江戸時代位からとされています。

明治時代に入り、中国から水蜜桃が輸入されるようになり、それを品種改良した物が現在一般に流通している色々な桃の原型と「なっています。

黄肉種はかためで酸味が強いため、以前は缶詰などの加工品としての利用が主流でした。

ネクターの本当の意味を知っていますか?

ギリシャ語でネクターは「ネクタル」と言って、古代ギリシャの神々の飲みものとして愛されてきました。

ネクタルは甘く、香りも素晴らしいので、不老不死の薬とも考えられています。

不二家ネクターのなめらかな味わいは、まさに現代のネクタルですね。

様々な声が

「ネクター=桃」ではなかった 神々の飲み物が語源。「ネクター」言葉は、桃のジュース意味ではない。神話における神々の飲み物が語源で、ネクターを冠するお酒は多いそう。ウィスキーやシャンパンのほか、日本では「NektaR.jp」蜂蜜酒も(゚Д゚;)

1 2