1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

美容・おしゃれが大好き!ダイエット中のOL。ウエディングプランナーと美容関係の仕事をしてました気になるに店を調べて行くことが多いです。出没が多いのは代官山や恵比寿、渋谷、自由が丘!

asahi81さん

そもそも身体作りにプロテインが必要な理由は?

たんぱく質を意識して摂ろうとしてみると、自分に必要な量(2g/体重1㎏)を摂ろうとすると、食事だけでは意外に大変な事実に気付く。

例えば、体重70㎏の人であれば、カラダづくりに必要なたんぱく質量は、体重1㎏あたり2gで計算すると140gになる。

高たんぱくでありながら、脂質や糖質をカットした食品であるプロテインを使う事で、筋肉の材料であるたんぱく質を効率よく補給が出来る事から、ボディービルダーやアスリートはプロテインを愛用しています。

①22種のオーガニック素材とオーガニック発芽玄米プロテイン!【ORGANIC SUPERGREENS&PROTEIN(オーガニック スーパーグリーンズ&プロテイン)】

現代人に不足しがちなミネラルやビタミン類、たんぱく質、アミノ酸、葉緑素(クロロフィル)、水溶性・不溶性食物繊維などが豊富で、これひとつで理想的なスムージーができあがります。

②こだわりの原料を採用!【 Sun Warrior(サンウォリアー)】

化学薬品や充填剤、人工的な成分は不使用です。発芽玄米由来の非加熱プロテインを展開していて、原料にはココナッツ・MCTオイル・非加熱ヘンププロテイン・こんにゃくなど、こだわりの原料を採用。

③えんどう豆から作られるタンパク質!【ボタニカルピープロテイン】

④開発した天然の自然食品原料を混ぜ合わせる独自の製法!【ファインラボ ホエイプロテインコンプリート 】

世界で最高品質の植物由来タンパク源を混ぜ合わせ、妥協のない味、食感、有効性、消化性を追求しました。

⑤ヴィーガン対応のプロテイン!【Sprout Living(スプラウトリビング)】

スーパーフードのマカやルクマの他、サチャインチやクランベリーシードなどを配合しているものもあります。全て砂糖や甘味料は使用していません。1回で26gのたんぱく質が摂取できる非加熱プロテインです。

オーガニックプロテインでヘルシーに身体作りを!

いかがでしたか? 最近では、日本を拠点とする会社でも様々なフレーバーのオーガニックプロテインを販売するようになり、気軽にオーガニックプロテインを手にすることができるようになりました。単体プロテインは料理に使えるもの(例:ヘンププロテイン)、ブレンドタイプはドリンクなどにして間食に飲んだりできる美味しいフレーバーのものがおすすめです。

1