1. まとめトップ

建築業界で人気の職種とやりがい

成長産業であり、かつ安定産業でもある建築業界ではどのような職種があって、どのようなやりがいが待っているのかをチェックしてみました。これらを知ると、建築業界の様々な事情が見えてくるはずです。

更新日: 2019年10月01日

1 お気に入り 1577 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ni066juさん

■建築業界で人気の職種

建築業界で人気の職種についてチェックしてみました。

施工管理部門

施工管理の仕事内容は、「4大管理」という言葉で大きく分類することができます。

こういった点が施工管理です。

構造設計

建物の構造設計業務を担当する人のことを「構造設計者」と呼びます。「構造デザイナー」や「構造技術者」などと呼ばれるケースもありますが、基本的に業務内容は同じです。

構造設計の仕事は、縁の下の力持ち、黒子の役割といえます。

じわりと人気が高まっているのが構造設計です。

意匠設計

意匠設計は、基本的に建築家の仕事です。建物から橋梁まで、さまざまな建築物・構造物をデザイン的に美しくつくり上げることが意匠設計の醍醐味だといえるでしょう。

建築業界の中でも人気が高いのが意匠設計です。

■建築の仕事にはどんなやりがいがある?

建築の仕事のやりがいについてもチェックしてみました。

お客様の要望やライフスタイルから、必要な間取りや設備などを設計・製図していくのが設計の仕事です。注文住宅はゼロからつくっていくものですから、その骨組みとなる設計の仕事はとても重要。図面でしかなかったものが家というカタチで完成したとき、またお客様から喜びの声をいただけたときには、大きなやりがいを感じます。

このような点はまさに建築業界ならではです。

■建築業界で役に立つ資格とは?

建築業界で役に立つ資格についても調査してみました。

建築施工管理技士
建設現場において監理技術者や主任技術者として、施工計画、安全管理、品質管理、工程管理などの業務を行うために必要な資格です。

建設士とは、建築士1級・2級、木造建築士の3つがあります。
建物の設計、施工、工事監理の業務を行う、建築業界では最も重要な国家資格です。

これらの資格は「武器」になります。

■やりがいのある仕事なら建築業界を検討しよう

仕事にやりがいを求めるのであれば建築業界は悪くはありません。

1 2