2016年10月16日に行われたプロ野球クライマックスシリーズ、パリーグファイナルステージ第四戦。3勝2敗で王手をかけた日本ハムファイターズが7-4でソフトバンクホークスを敗り、4年ぶりの日本シリーズ進出を決めた。


3点リードで迎えた最終回、マウンドにはこの日3番DHで先発出場していた大谷翔平が上がる。
ファイナルステージ第一戦から中三日での救援となったまさかの登板にどよめきと歓声が入り混じる中、先頭の松田への初球にいきなり163km、3球目に164kmを計測する。

そして、続く吉村への初球で165kmをマークし、自身の持つ日本最速を更新した。
結果的に165kmを3球叩き出し、151kmのフォークに144kmのスライダーなど異次元のピッチングを見せつける。

出典大谷165kmキター!! 大谷のストレートの質が悪い? ファールされる160kmより空振りが取れる140kmの方が上? そうなの? なあ野村克也 | 俺が出版とかマジ無理じゃね?

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【天才】日本野球界最高の逸材『大谷翔平』まとめ

投げては日本最速165キロを投げ、打ってはメジャー1年目にして22本のホームランを放つ。肘や膝の怪我の影響で万全な二刀流体制は、整っていないが来期は二刀流復活に期待したい。

このまとめを見る