オーバースローから繰り出す、平均96.7mph(約155.6km/h)・最速165km/hのフォーシーム、平均139km/hのフォークボール、鋭くブレーキのかかるスライダーを軸に、稀に平均115km/hのカーブを交える。プロ入り後、フォークを習得。高校時代はカットボールやチェンジアップも混ぜた。

出典大谷翔平 - Wikipedia

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【天才】日本野球界最高の逸材『大谷翔平』まとめ

投げては日本最速165キロを投げ、打ってはメジャー1年目にして22本のホームランを放つ。肘や膝の怪我の影響で万全な二刀流体制は、整っていないが来期は二刀流復活に期待したい。

このまとめを見る