1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

指導方法の相違が原因!関西大学が織田信成のモラハラ告白に反論

織田信成がモラハラが原因で関西大学アイススケート部監督を辞任したと明かした。関西大学は指導方法の相違があったと反論した。

更新日: 2019年09月30日

4 お気に入り 28854 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

wappameshiさん

織田信成が関西大学アイススケート部監督を辞任した理由を明かした

9月29日にブログで監督辞任の理由を明かした。それは新聞報道と異なる内容であった。

大学側が辞任について「他の活動が多忙で、監督業との両立が難しくなったのが理由と聞いている」とコメントしている。

9月10日の『朝日新聞』で記事になっている。

9月29日、アイススケート選手の織田信成がブログを更新。関西大学アイススケート部監督の辞任について語った。

多忙を理由に監督を辞任したわけではなく、また関西大学との話し合いの場で「多忙で監督として十分な時間が取れない」とは一言も話していません。

辞めた本当の理由は、リンク内で私に対して嫌がらせやモラハラ行為があり、その影響で今年春頃から体調を崩すようになり、

辞任するまでの3ヶ月間リンクに行く事が出来なくなった事とそれに対する関西大学の対応が誠意あるものに思えなかったからです。

7月から弁護士も入れて大学側に問題の調査を申し入れたが、この2カ月間、大学側の動きは不透明で、結果報告もなかったという。

このままでは何も変わらないだろうと半ば諦めた気持ちで、監督の職を辞する決意を致しました。

9月30日に関西大学が再び辞任の理由を説明した

・指導方法に意見の相違があった
・内部調査はしていた
・織田さんの要望は受け入れられないと結論
・報告する前に辞任の申し出があった

本年4月以降、織田信成さんに関係して、指導方法をめぐって同部内で意見の相違があったことは認識しています。

織田信成さんのご意見もお伺いし、その内容に基づき、時間をかけて複数の関係者に対してヒアリングを行ってまいりましたが、

結果を織田信成さんにお伝えすべく、慎重に準備を進めておりましたところ、先に織田信成さんから辞任のお申し出があり、やむなく本学として了承することとなりました。

なお、9月9日の退任の報道にあたっては所属事務所と十分に協議の上、発表しておりますことを申し添えます。

関西大学出身の高橋大輔選手がアイスダンスに復帰する

日本スケート連盟は、フィギュア男子で2010年バンクーバー冬季五輪銅メダルの高橋大輔(関大KFSC)が来年1月からアイスダンスに転向すると発表した。

「関大KFSC」は、「関西大学カイザーズ・フィギュアスケート・クラブ」の略称。

2018年平昌五輪代表の村元哉中とカップルを結成し、2022年北京五輪出場を狙う。男子の五輪メダリストでアイスダンス転向は異例。

ネットでは関西大学の説明に様々な声

関大が初動に発表した辞任理由と今回の回答が既に違う。

今からすれば、そもそも関大スケート部の総監督を「無給」でやらせること自体モラハラだったんじゃないか? 出身校だし恩返しできればと引き受けた織田くんの優しさに、感謝も誠意も見せない関大に不信感しかない

関西大学の芝井学長は高橋大輔さんの復帰を応援すると仰った人なのだね。だったらなお、同じフィギュアスケーターであり同大への貢献もあった織田さんの訴えに耳を傾けることはできるんじゃないかな。

「関大IAでの指導体制は大きく3つに分かれ、織田信成氏の母でもある憲子コーチ(71)が中心の「織田チーム」、本田武史(37)長光歌子(67)両コーチが中心の「本田(長光)チーム」、浜田美栄コーチ(59)が中心の「浜田チーム」がある。」

これは2018年の日刊スポーツの記事

関大の名誉顧問は 橋本聖子大臣だそうですよー へー。

1 2