1. まとめトップ

非婚化時代に女性の自立は必須!自立した女性になって幸せになろう!

女性がいくら結婚したくても、結婚したくない男性がこのまま増え続けると晩婚化ではなく非婚化することは目に見えています。男性の力を借りなくても女性が特に経済的に自立できれば非婚のリスクを完全に回避できます。

更新日: 2020年01月23日

4 お気に入り 5035 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

自立した女性に一刻も早くなることが日本の女性には求められています!たかだかネイバーのまとめ記事ですが、同性のみなさまがダメ男性に振り回されることなく幸福になって欲しいと心より願っています!頑張れ貴女!頑張れ私!

watermarryさん

男性に頼って生きる時代はもうオワコン

結婚もミスマッチが多く、離婚するか、嫌嫌結婚生活を経済的理由で続ける女性が多いです。

結婚によるメリットが少なくなってきているため恋愛に関する事情も変わってきています。

近年の傾向としましては

●女性は結婚したいから恋人がほしい

●男性は恋人が欲しいけど結婚したくない  

ということです。

つまり男性側から見て、都合のよい女特需です。

結婚して!と迫らず、好きなことを自由にさせてくれてずっとダラダラ付き合える女性が大人気です。

こんな男性に引っかかると時間もお金も無駄になってしまいますね。でもこのような男性のなんと多いことか!自立した女性になるにはどうすればよいかの具体的内容と戦略がわかるブログですわ。

夫婦の3組に1組が離婚している!

「離婚が多いのは、芸能界という特殊な世界だけの話」と考えている人もいるかもしれませんが、実はそんなことはありません。厚生労働省が発表した「平成25年人口動態統計」によると、2013年の離婚件数は23万1383組。これを時間でみてみると、なんと「約2分に1組」別れている計算になります。日本のどこかで、約2分おきに1組の夫婦が離婚しているなんて驚きですね。

2013年という古いデータでもこの有様。結婚して幸せな生活を云々というのはもはや神話となりつつあります。

出会いが少なくなっている現在でいい男を見つけるのは至難の業。

仕方なく妥協して結婚すれば離婚という最悪な結末がまっています。

離婚しても男性はそこまで生活が困窮しません。不利になるのはいつも女性でした。

これからは女性が今より強く賢くなるしかありません!

2年前に書かれた「今の時代に女が結婚する意味って?」

結局「結婚すれば今より苦しくなるだけ」という結論にしか辿り着かなかった。

彼が大好きだから結婚して彼の子供産みたい(はぁと)←これはわかるよ。自分の場合は婚活の話ね。

まず経済的な話→私の場合は問題なく自分で稼いでるし、共働き前提だから別に楽になるということもない。専業主婦なら楽できるけど(あえて楽とハッキリ書くけど)、離婚したくなったときに経済的な理由でできない!とかは最悪の不幸すぎるから専業主婦の選択肢は最初から無い

専業主婦になって離婚したら人生詰むので最初からそのような希望などないという聡明な女性にはやはり結婚のメリットはないでしょう。仕事しながらだと結局大変になるのは女性のほう。世の中のイクメンとか主張している男性も実にたいしたことがないという事実、、、。

結婚しない人が急増している理由

男女平等の弊害なのか恩恵なのか、とにかく優しい男が急増している。

家事ができること、育児に協力的(という言葉自体、批判の対象になりそうだが……)であることが、世の女性の理想の男性像なのではないだろうか。

それゆえに、「肉食男子はいずれ絶滅危惧種となるのでは?」と思うくらい、激減の一途をたどる。

「オスがメスを口説く」という生物の大原則が崩れかけている人類、一体どうするのか。女性が肉食化すべきなのか。

時代の狭間でどうしたらいいかわからず、ただひたすら独身として年齢だけを重ねる私たち。

独身者に対する世間の目が昔ほどキツイものではなくなったこと、共同生活に向かない人が増えたこと、親戚付き合いの煩わしさなんかについても述べられていて納得してしまいます。

女性の幸せとは一体何なのでしょうか?

結婚が幸せかどうかは別として、結婚、妊娠、出産、子育てを望んでいる女性は多いです。
やはり女性に生まれたからには経験したい、子供と接するのが好き、という女性は多いからです。

女性の脳は恋愛脳なので結婚が女性の幸せと考える人が半数よりちょっと上くらいいます。

幸せ自慢・結婚マウンティングをする女性は実は不幸か

「SNSで幸せアピールばっかりしてる人は本当は不幸で見栄を張っている」というようなコメントを見ます。
中にはそういう人もいるでしょうが、本当に幸せで悩みもなくて周りに幸せ幸せと言ってる人もいるんじゃないかと思うのですが、どうでしょうか?

不幸で見栄を張っているに5割ほどが賛同。本当に幸せで自慢しているかもという意見が3割。人の幸福を喜べないのは不幸という意見も。

でも5割の人が幸せ自慢を不快に思っているということです。少なくともマウンティングする女性が本当に幸福かどうかは置いておいて、彼女らにデリカシーがないのは事実です。そのような生き方の先には不幸がぽっかり穴を開けてまっていることに気づくべきです。

そしてそれほど他人に自慢できるのであれば専業主婦の可能性もありますので、離婚されたら全てを失うという大変リスキーな状態にいるにも関わらず、そのように性格が悪いのであれば危機的状況とも言えます。

離婚が女性を貧しくする!

専業主婦で離婚。職なしアウト!

子供いて離婚。シングルマザーアウト!

将来離婚がありうることを頭に入れてお金を貯めるなり、仕事を継続するなりしないといけません。

自立した女性の特徴

自立した女性の生活面での特徴には、心に余裕があるというものがあります。心に余裕があるということは、経済的にも自立していることを意味します。経済的に自立しているからこそ、焦ることがないのです。

この心の余裕は行動にも現れます。人とのトラブルを起こさない、時間に余裕を持っているなどのように、生きていくことそのものが上手になるのです。

心に余裕がある女性を見ると、「精神的に自立した人だな。」と感じる人も多いでしょう。

精神的なものの他にはやはり経済的に独立していることと家事がしっかりできることなのだそうです。

自立した女性はモテるのか?逆にモテないのか?

男ありきの考え方や人生ではなく、仕事、恋愛、趣味のバランスが良い女性はモテるのではないでしょうか。

反対になんでも自分でこなせる、男性を全く頼らない、議論すれば男性を完膚なきまでに叩きのめす。これだと男以上の男ということになってしまいますので、男性からも男性と識別されてしまいます。モテる筈がありません!

能ある鷹は爪隠さないといけません。独立しているのに甘え上手、時には男性を立てられるとそりゃあモテます。

自立した女性になるためには?

自立した女性とは、どんな女性のことを意味しているのでしょうか?例えば、親元を離れて経済的に自立している女性のこと、自身の感情をしっかりとコントロールできる精神的
に自立している女性のことです。どちらか一方の自立だけでなく、両方の自立を備えて初めて「自立した女性」と言えます。

しかし、実際に自立できているかどうかは自分自身で判断できるものではありません。自立しているかどうかは、周囲が「あの人は女性として自立できているな」と認めてくれて初めて自立した女性と言えるため、まずは周囲に認めてもらえるように自分自身を磨いていくことが重要と言えるでしょう。

1経済的に自立すること、2趣味を見つける、3仕事頑張る、4八方美人にならない、5外見も磨くの5つが自立した女性になるコツなのだそうです。

超辛口ですが、読む価値のある自立した女性のなりかた

女の子は10歳くらいになると明確に容姿を意識するようになって周りの大人、男の子の態度が変わってきます。非常に残念ですが、人間社会で女性は容姿が最も重要視されるので他の要素が良くても容姿が悪いだけで罵倒されることも珍しくありません。

私はそういう風潮が嫌いなんですが、それが現実なので受け入れたほうがいいと思います。容姿を売っているアイドルならともかく、芸を売っている女性に向かって「ブス」とか罵倒するのはナシだと思いますよ。男性はそれほどでもないので女性だけが容姿を最重要視されるんです。

だから、女の子は自分がどういう立ち位置の容姿なのかをこの辺りで自覚したほうがいいですし、親もなんとなくそれを上手く伝えてやって巻き返す方法を一緒に考えてやるのがいいだろうと思います。世の中に反発しても変わるわけないので折り合うことを覚えたほうがいいです。

10歳から40歳までの自立した女性になる戦略が社会の仕組みや構造にも触れながら具体的に書かれています。

有名メディが発信している自立した女性はモテる!などの軽いバカ記事とは一線を画しています。
このまとめの中で一番読んでほしいブログです。

世界の女性自立支援から学べること

27歳貧困女子の悲惨な生活

40代の女性が貧困に陥る理由・原因

1 2