1. まとめトップ
  2. 雑学

この記事は私がまとめました

Ohyukinaさん

車椅子マークの 「本当の意味」「使い方」 を知っていますか?

デザインのイメージ的に車いす利用者のみを対象にしていると勘違いされがちですが、この「車椅子マーク」は車椅子利用者に限らず全ての障がい者を対象としたもの

自家用車にこのマークが貼られている光景をよく見かけますが、実はそれは本来の趣旨とは違う使用法です。

※そもそも運転者標識ではない

マークの意味は「障害のある人々が利用できる建築物や公共輸送機関であることを示す、世界共通のマーク」。

本来は、障がい者が利用できる建物、施設、電車・バス等公共交通機関を表すマークで、以前は、(財)日本障害者リハビリテーション協会のみで扱っていた。

それがいつの間にか、一般でも出まわるようになり、上掲の「クローバーマーク」と同じように、障がい者が“同乗”していることを示すマークとして利用している人が増えている……。

すなわち、障害のある方が車に乗車していることを周囲にお知らせする程度の表示で、国際シンボルマークを貼っているからと言って障がい者専用駐車場が利用できる訳ではないんですね。

自家用車に貼ったからといって取り締まられるわけではありませんが、「障害者が乗っていますよ」と周りに知らせる…、という程度の意味になります。

車椅子マークの駐車場は誰が利用して良いのか?

車椅子のシンボルだけに、車椅子の方優先…と思いがちですが、内閣府のHPで確認すると、正しくは「障がい者等用駐車スペース」という名称で、すべての障害者を対象としたもの。

しかし利用者の条件については、いまのところ法律上の明確なルールは見当たらない……。

実は、法律などで一律に決まっているわけではなく、駐車場の管理者がそれぞれ決めているのが実情だ。

●では「車椅子マーク」を貼ってない車は、停めてはいけないのでしょうか?

障害者用駐車場に「車椅子マーク」を貼ってない車は、停めてはいけない?と思っている方も多いのではないでしょうか?

車椅子マークの駐車場には「優先駐車場」や「おもいやり駐車場」のように表記されているところがあって、妊婦さんや高齢者、怪我をした人なども対象になっています。

これは電車等の優先席のことでも言えると思うのですが、見た目ではわからない障害をお持ちの方も多いのです。

車椅子マークを正しく理解するのはもちろんのこと、見た目には健康に見えても、本当は身体的・精神的に重い負担を抱えている人がいることを意識し、思いやりをもって生活していきたいですね。

「車椅子に乗ってないから、見た目で判断されて停めづらい・・・。」

車椅子利用ではない、身障者や高齢者、妊婦など“体が不自由”な方が、外見上それと分かり難く、人の眼が気になり止め難いという事案もあります。

実際に他の利用者から文句を言われてしまったり、まわりの目が気になるといったことも少ないないようです。

こうした状況を改善しようという動きが現在進んでいます。

●「パーキングパーミット」ってどんな制度?

この制度によって、身体障がい者用駐車場を利用している人が正規の利用者かどうかを判別できるようになりました。

1 2