1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

mtmまとめさん

ウイスキーの楽しみ方

ウイスキーにはいろいろな飲み方があり、飲み方によってアルコール度数を調整して自分好みのスタイルで愉しむことができます。

一般的にウイスキーにはチョコレートやナッツ、チーズ、サーモンといった食品が合うとされてきました。
しかし、「そんな組み合わせは定番だから知ってる」とか「もう食べ飽きた」と思っている方もいらっしゃるでしょう。
そんな方にオススメなおつまみ、それが「和菓子」なんです。

ウイスキーの種類は2つ

モルトウイスキーは一般的に、強い個性をもつため、ラウドスピリッツ(声高な蒸留酒)と呼ばれています。
ビールをよく飲む方は、モルトと言えばビールを想像されるかもしれませんが、モルトの香ばしい風味を愉しめるのはビールだけではありません。
モルトウイスキーの原料はビールと同じ、大麦麦芽。これを発酵させ、ポットスチルという単式蒸留釜で2回蒸留してつくります。

グレーンウイスキーは穏やかな風味のものが一般的なため、サイレントスピリッツ(静かな蒸留酒)と呼ばれており、脇役的存在です。
原料は、トウモロコシや小麦などの穀類と、大麦麦芽。それらを発酵させ、連続式蒸留機器で蒸留してつくります。

一番馴染み深いのは、ブレンデッドウイスキーだと思います。その名の通り、「ブレンド」されたウイスキーです。複数のシングルモルトウイスキーとグレーンウイスキーをブレンドして作られます。

日本ウイスキー

ジャパニーズウイスキーはその名の通り、日本で造られているウイスキー。スコッチウイスキーをベースに日本人の味覚に合わせてアレンジしたのが起源とされています。繊細な香りが特徴で、水割りやハイボールに合う穏やかなテイストもポイント。ほかの地域と比べて蒸溜所は少ないもののクオリティは高く、世界から注目されています。

酒と和菓子のマリアージュ

「ウイスキーを楽しむためにつまみがある」といったもので、つまみ(あるいは食事)のためにウイスキーがあるわけではないということです。

試しにウイスキーと和菓子を合わせてみたいな、と思った方は、「季節の和菓子」と合わせてみてはいかがでしょうか。和菓子には季節ごとにその趣を感じ取れる工夫が施されていて、日本人らしい優美で繊細な感覚や遊び心が溢れていますよね。つくり手が日本人の嗜好や感覚に合わせて丹念にものづくりに励む姿勢も、ウイスキーと通じると思います。そんなところも、和菓子とウイスキーの相性が良い理由かもしれません。

ウイスキーの特徴が分ると、さまざまな組み合わせも

ウイスキーにはカカオが効いたチョコレートがよく合います。
カカオの風味と苦味がウイスキーの風味と絡み合い、互いを引き立てあうからなんです。
しかし、「あんこ」も負けないくらいウイスキーの味を引き立ててくれるのです。
あんこの優しい甘みはウイスキーの旨み、風味を引き立てる作用があります。
もちろん合わせるウイスキーは選ばなければいけません。

うっすらとした皮の中にぎっしりあんこが詰まったきんつばはあんこの割合が90%以上にもなります。
殆どあんこそのものを食べているようなものです。
使われている餡はつぶ餡ですので、どっしりとしたあずきの濃厚な味を楽しむことが出来ます。
きんつばには白州や知多のような淡麗なウイスキーを合わせるとよいでしょう。

生地に黒糖を使用している温泉まんじゅうは黒糖の甘みと独特のほろ苦さが特徴です。
想像しただけでもウイスキーに合いそうですよね。笑
温泉まんじゅうにお勧めのウイスキーはリッチなボディの山崎やスーパーニッカなど。
最近期間限定で発売されたブラックニッカのブレンダーズスピリットなどもよく合います。
温泉まんじゅうはジャパニーズだけでなくスコッチやバーボンにもよく合う万能型の和菓子ですので、お土産などにもらった際には色々なウイスキーに合わせてみて下さい。

スコットランドでは、ウイスキーに和菓子は当たり前

人によって好きな風味や味わいは異なります。だからこそ、様々なウイスキーを飲み比べて味覚の見聞を深めましょう。自分好みのウイスキーが見つけて、いつもの晩酌タイムをより有意義なものにしてくださいね。

1 2