1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

魔法少女ものにミステリーにコメディに!日日日氏原作の漫画はどれも面白い

日日日氏といえばやはり『狂乱家族日記』や『ささみさん@がんばらない』ですよね。ですが、日日日氏は小説だけでなく、漫画原作も面白いのです。そこで日日日氏原作の漫画作品を集めてみました。ミステリーやサスペンス、ファンタジーなどいろんなジャンルなので楽しめるかと思います。

更新日: 2019年10月04日

1 お気に入り 3893 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

神通百力さん

高校在学時に第4回新風舎文庫大賞大賞、第1回恋愛小説コンテストラブストーリー大賞、第6回エンターブレインえんため大賞佳作、第8回角川学園小説大賞優秀賞、第1回MF文庫J新人賞編集長特別賞を受賞し、『ちーちゃんは悠久の向こう』でデビュー。
また2009年には『ビスケット・フランケンシュタイン』でセンス・オブ・ジェンダー賞大賞を受賞している。
代表作『ちーちゃんは悠久の向こう』『狂乱家族日記』など。

▼主人公が指名手配される魔法少女もの

作画:倉藤倖

2007年8月号 - 2008年5月号

マッグガーデン『月刊コミックブレイド』での連載。

大地に人間、地底に悪魔、空に妖精が棲んでいた。
だが、人間は悪魔の支配によって奴隷になりつつあった。
そんな世界に恐山京は絶望して自殺を試みたが、ジンとの契約によって魔法少女ベリアル☆ストロベリーに変身。
ところが、失態により「虐殺魔法少女」と見做されてしまい、指名手配されるのだった。

原作が他の魔法少女に無い設定だから読んで楽しいし、終盤(2巻)はちょっと感動して泣けてしまった

▼超常現象が出てくるミステリー

作画:木下さくら

2008年8月号 - 11月号

マッグガーデン『月刊コミックブレイド』での連載。


炎城灰夜は霊に取り付かれ、自身に起こっていることを武藤青に相談した。
すると邪眼探偵と呼ばれる人物の元に訪問するよう促された。
灰夜は邸宅を訪れ、少女・眼球塚ネクロに出会った。

サブタイトルにちょっと「日日日だよね…?」と疑問でしたがやっぱりなかみの解説読む限り日日日でした

ある意味、日日日氏らしい癖のあるストーリー展開(と登場人物)で、普通のミステリーとはまるっきり異なる特色を持ってます

▼主人公とぽちが織り成すドタバタ犬っ娘調教コメディー

作画:もみじ真魚

2009年4月9日 - 2009年10月15日

スクウェア・エニックス『ガンガンONLINE』での連載。

大日本帝国陸上国防隊二等陸士・犬飼鎮は訓練中に部隊とはぐれて負傷してしまう。
3日ぶりに意識を取り戻した鎮に下った任務は軍用犬「ぽち」軍曹の調教だった。
だが、鎮にはなぜか「ぽち」が人間の女の子に見えてしまい――。

犬の習性を使って描いたコメディパートにはニヤニヤせざるを得ない

最初はよくありがちな、犬と人間とのドタバタコメディだと思わせておいて、話が進むにつれてなぜ犬飼にぽちが人間の姿に見えるのか、彼の過去に何があったのかということが明らかになり、突然話はシリアスな方向に進んでいく

▼歴史上の人物が登場する学園ファンタジー

作画:木乃ひのき

2009年9月号 - 2011年12月号

マックガーデン『月刊コミックブレイドアヴァルス』での連載。

私立戦国学園高等学校に通う生徒や教師たちは身体の一部に各々の家紋を持っていた。
そこは他人の家紋を上書きすることによって学園内での勢力を増大できる学校だった。
そんな学園に女子高生・豊臣秀吉は入学し、情報を武器に生き残ろうとする。
ところが学園一の問題児・織田信長に目をつけられてしまい、豊臣秀吉は彼の仲間になったのだった。

コメディ…?と思ってたんですが、意外とシリアスなんですね!面白かったです

内容はさすが日日日さんというか。キャラもみんな特徴的だし、悪役のゲスっぷりがナイスです

▼秘密クラブを描く日常系ばけものストーリー

作画:コダマナオコ

2011年4月号 - 2012年3月号

講談社『月刊ARiA』での連載。

何やらいかがわしい秘密クラブが夜の学校で密かに運営されているという噂があった。
武士郎は同居生活する幼馴染みが「トノコ」の名前でそれに関わっているのを知った。
武士郎は「ばけものくらぶ」という名前の秘密クラブに潜入し、不可思議な体験が始まった。

ライトな感じで始まりましたが、絵がエッチィくて、良い感じです

▼グロテスク描写ありのクローズド・サイコサスペンス

作画:nini

2011年9月10日 - 2013年1月25日

マックガーデン『WEBコミック Beat's』での連載。

瀬臼猟二は事故により志果羽家の屋敷に滞在する事になったが、そこの住人にはある秘密があった。

とにかく完成度が高いと感じた。絵柄の可愛さとは裏腹にストーリーは暗いイメージだが、むしろ絵柄の可愛さ巧みさが感情を揺さぶる。特に悩みや狂気の表情は素晴らしいと思う

1 2