1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

不思議な場所

surfthenetさん

東京都 新宿区 歌舞伎町

新宿は、事故物件(炎のマーク)が多い。
人が集まる場所で、夜のお店もあるため、事件が起こるためかもしれないが、
お店でも無い場所で、4件も炎のマークがある場所がある。

↓が、歌舞伎町全体

炎のマークがあったとしても、
1物件につき、1つが平均となっている。

ただし、こちら(↓の画像)は一見するとマンションのようだが、
炎のマークが他と比べると多いような気がする。

ここに、炎のマークが集中している原因は何なのだろうか・・・

東京都 新宿区 東新宿駅〜若松河田駅

東新宿駅と若松河田駅の中間あたりの場所。
先ほどの物件から東の位置にあたる場所。

歌舞伎町の近くではあるが、
人の賑わいがなく、閑静で落ち着いた街並み。

歌舞伎町方面と逆向きの風景

落ち着いた場所にも関わらず、
何故か炎のマークが集中している場所がある。

同じ物件かつ物件の場所も近くとなっている。
この場所だけ、炎のマークが集中しているのは何故なのだろう・・・

東京都 豊島区 池袋北口

東京都 豊島区 池袋北口

池袋の中でも夜の街の印象が強い北口

昼間は、営業しているお店や
電飾が目立たないため、どこにでもある景色に見える。

また、夜の街だけあり、
線路沿いを北に進むとホテル街が見えてくる。

ホテル街では事件などが起こる事があるが、
ある一角だけ、何か見えない力が働いているように思える場所がある。

事件が起きた日付について、注目して欲しい。

平成29年4月8日

8日午後3時ごろ、東京都豊島区池袋1丁目のラブホテル3階の部屋から出火し、約15平方メートルを焼いた。

男女2人が火元とみられる部屋の窓から飛び降り、病院に運ばれたが、男性は死亡した。女性も意識不明の重体となった。

警視庁池袋署や東京消防庁によると、男性は40代、女性は30代とみられる。いずれも頭や顔から出血しており、飛び降りた際に強く打ち付けたとみられる。ほかにけが人はなかった。2人は8日午前11時前に入室したという。

現場はJR池袋駅から北東約700メートルのホテルやマンションが立ち並ぶ地域。

近くのホテルの男性従業員(42)が「きゃー」という悲鳴を聞いて外へ出ると、ホテルから白い煙が出ているのが見え、その前で男女が倒れていたという。「通行人が頭から血を流している男性を心臓マッサージしていた。こんなところで火事が起きるなんて」と驚いた様子だった。

令和元年9月12日

1 2