1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

深刻な睡眠不足も…中国で子供に対する「宿題漬け」が問題に

中国の子供に対する宿題漬けが問題になっているようです。

更新日: 2019年10月03日

6 お気に入り 13461 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

PINKMOMOさん

■中国では教育熱が急速に高まっている

中国人の、子どもの教育にかける情熱がすさまじい。幼児のころから早期教育を受けさせ、小中高ではみっちりと塾に通わせて勉強漬けに

中国では中高でも日本人が考えるような本格的なクラブ活動はほとんどなく、恋愛禁止、勉強一辺倒の生活を送ることがごく普通

山西省のある有名高校では、新学期の生徒が入り口で先生による“安全検査”を受けることに。金属探知機で持ち物をチェックされ、スマホが見つかると、即、破壊されるか、水を張ったバケツに放り込まれる

■当然、教育熱の高まりによって「宿題」の量も多い

中国では普通の小学生でも宿題は毎晩11時までかかっても終わらないほどの量で、テストも毎日のように行われている

原因と指摘されているのが「学校の宿題」で、世界平均の3倍となる2.82時間を費やしている

調査では、子どもの60.4%が学校外の習い事をしていることもわかった。平日の習い事は、勉強の補習が66.5%、文化・芸術系が58.2%、スポーツが53.9%、科学・技術系は35.7%

■それによって寝不足に

小学生の8割以上、中高生の9割以上が夜22時以降に就寝しており日中に強烈な眠気に襲われているという

政府も是正を呼び掛けているが、大きく改善する気配はない。過酷な受験戦争が最大の要因

■宿題が苦で自殺するというニュースも…

宿題が終わらず学校で罰されるのを苦にして、中国・江西省の小学生3人が19日、一緒に飛び降り自殺を図った

地元紙の江南都市報などが報じ、「今の中国の教育に問題がある」など全国的な反響を呼んでいる

国連(UN)の調べによれば、若者の識字率は99%にも達する。その一方で、暗記や試験重視で、しゃくし定規な教育方法に親たちから苦情も出ている

■宿題をロボットにさせるという女児が話題に

中国のとある女子生徒が、自分に出された書き取りの宿題をさせるため、ロボットに800元(約1万3千円)を費やした

娘は800元(約1万3000円)の“書き写しロボット”をインターネットで購入し、宿題を代わりにやらせていたと告白

ECサイトで販売されているさまざまな宿題ロボット。ほとんどが使用者の筆跡まで再現するという高性能ぶり

■これは日本でも話題に

せっかくお年玉を投入して買ったのに、書き間違いの少なさで親バレて不憫な。家族皆の励ましと手伝いが彷彿とする宿題の方が、味わい深くてGOOD 書き取りの宿題が面倒すぎた中国の小学生、ロボットに丸投げするも失敗【動画】 huffingtonpost.jp/entry/story_jp…

書き取りの宿題が面倒すぎた中国の小学生、ロボットに丸投げするも失敗【動画】 huffingtonpost.jp/entry/story_jp… これがお年玉で買える時代になってるのか

中国の中高生に人気の『宿題をフルオートでやってくれるロボット』を見て笑ったwww

1 2