1. まとめトップ

最悪失明の危険性も!違法な「まつエク店」に注意喚起

まつエクを行うには「美容師の免許」と施術場所には「美容所登録」が必要になります。これらがない違法なまつエク店による被害が後を絶たないという現状があるようです。

更新日: 2019年10月03日

2 お気に入り 6900 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

国民生活センターが注意喚起を行っています。

PINKMOMOさん

■まつ毛エクステンション

まつ毛エクステンション(まつげエクステンション、英: eyelash extension)は、化学繊維等から作られた人工のまつげをグルー(瞬間的に接着するもの)を使用して自まつげに装着する技術

まつげエクステとは、「まつげエクステンション」の略で、「まつエク(マツエク)」などとも呼ばれています。

■違法まつエク店で被害が続出している

まつエクを巡っては健康被害が相次ぎ、美容師免許の取得が義務付けられたが違法店による被害は絶えない

まつ毛エクステンションの施術を受けたことにより目が痛くなったなどの危害情報が2010年度以降の5年間で599件寄せられており、毎年100件以上で推移

マンションの一室に店舗を構える「自宅型サロン」は珍しくない。保健所の担当者は「外からは様子が分からず、情報提供がないと違法営業は把握できない」と話す

■最悪、失明に至ることがあるという

違法店による被害は絶えない。目に近く、最悪の場合は「失明、補償なし」の可能性もある

一般的な価格より安いが、術後にオーナーと会話中、無免許と知った。翌日からまぶたがかぶれたように赤く腫れた。皮膚科で、施術で使った接着剤による炎症と診断

危害程度は「治療1週間未満」が31.4%、「医者にかからず」が35.2%でしたが、「1カ月以上」となる事例も4.0%ありました

国民生活センターに寄せられた相談です。

■違法店は「免許」及び「美容所登録」がない

まつエクの施術場所には『美容所登録』というものが必要です 開業前に施術場所を保健所に審査してもらわなければいけません

まつげエクステも「美容」に含まれると考えられ(美容師法3条1項)、美容師でなければ美容を業としてはなりません(同法6条)

美容師免許は美容師の仕事のためだけにあるのではなく、元々「首から上の容姿を美しくする」際に必要な資格であることや、免許取得のための勉強内容に衛生管理などの項目が含まれていることから、アイリストとして働く場合には美容師免許が必須になった

■このニュースはネットでも話題に

まつエクとかマジで失明するかもやから無資格のやつやるなよーって思う。ってかマッサージとかも無資格のやつ死ぬほどいるけど、ちゃんとわかってない人がやると筋繊維傷められたりして逆に悪くなったりするからテキトーなことすんなやって思うよね。ちゃんと資格ないやつゴロゴロいると思うけどさ。

違法まつエクとかあるんだー知らんかった 違法まつエク店、なぜ減らない?失明、無保険…業界団体が警鐘 (西日本新聞) news.line.me/issue/oa-nishi… #linenews

違法まつエクにご注意を!!綺麗になりたい女性の気持ちをもてあそぶのは許せん!!失明したらシャレにならないのでホント気をつけて欲しい!! https://t.co/rn46qrqqfA

■更に「まつ毛パーマ」でも被害が

自宅で簡単にできることから、人気を集める「まつげパーマ」。利用者が増える一方で、悪質な業者によるトラブルもあり、被害を訴える女性が続出

頭髪用パーマ液を流用しており、厚生労働省は、目に液体が入る危険性が高いとしてこうした使用法を控えるよう呼び掛けている。

全国の消費生活センターに寄せられた、まつげパーマに関する相談件数。「顔がかぶれた」や「まぶたがやけど状になった」など、平均して毎年10件ほど寄せられている。

1 2