1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

ビジネスの中で欠かせないと言われている「ホウレンソウ」。最近は「ザッソウ」が大切だと言われています。その「ザッソウ」とは?!

happypclifeさん

雑談+相談=「ザッソウ」

ザッソウとは、職場で行われる気軽な相談であり、はたから見ると雑談のようにも見える「対話」です。また、ザッソウには「雑に相談する」という意味もあります。自分なりの結論が出てから相談するのではなく、まだ考えている途中、状況をつかみきれてない状態であっても相談してもよいということです。

ザッソウが生まれた背景

2019年4月に働き方改革関連法が施行されたことによって、働く時間が短くなり、いかに生産性を上げるかが重要になってきました。
しかし、この効率化を追求してきたことによって、時間に余裕がなくなり、部下の相談に乗れなかったり、アイデアが出なくなり、新しいことに挑戦しなくなったりするようになってきました。
この悪循環から抜け出すのに良いのが「相談(雑談)」だと気づいたのです。
そして、この相談(雑談)のことをソニックガーデンの代表取締役 倉貫義人さんが「ザッソウ」と名付けました。

ザッソウで、職場やチームが変わります!

・お互いに助け合える信頼関係が構築される
・共通の価値観やカルチャーが醸成される
・メンバーのキャリアや将来への不安に対応できる
・素早いフィードバックで仕事の質と速度が向上する
・マニュアル化されにくい職場の暗黙知が共有される
・新しいアイデアが出てきて、挑戦に前向きになる
・自分たちで判断して、仕事を進められる社員が育つ

ホウレンソウで、報告・連絡・相談をするように、ザッソウで雑談と相談する

現代の仕事にフィットしている「ザッソウ」
是非会社で取り入れてみてはいかがでしょうか?

1