1. まとめトップ

スーパーフード「モリンガ」配合プロテインをスポーツ界が注目しているぞ!

体作りに欠かせないプロテインをご紹介。理想の体には理想のプロテインが必要だった。

更新日: 2019年10月09日

5 お気に入り 440 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

プロテイン愛好家として最新の情報を調べてみました。

ikyanaiさん

プロテインとは

プロテインとは本来「タンパク質」のことを言いますが、日本語で「プロテイン」といった場合はタンパク質を主成分とする「プロテインサプリメント」のことを指す場合が多い

この記事でも「プロテイン」と言ったらプロテインサプリメントだと思ってください

勘違いしている人は、動画を確認

プロテインちゃんと摂ってる?

プロテインはタンパク質のことなんです。
僕たちの体はほぼタンパク質でできいるんです。
だから、マッチョだけのものじゃないんですね。
きれいのためにも!

出典ウィダーinゼリーCMから

そうなんです。普段スポーツをしない人もプロテインは重要な栄養素だったのです

ちゃんと摂っていますか?プロテイン(タンパク質)

一般の人が必要とするたんぱく質の量は体重1キロあたり0.8gです。
体重が60キロの人は1日当たり48gが目安となります。

日本人の食事摂取基準による

食事から摂ると?

低脂肪、高タンパク食材は以下のとおり

・無脂肪・低脂肪ヨーグルト(1食目安110g)たんぱく質4.0g〜12g、約80Kcal
(製品により差が大きいので成分表で確かめましょう)
・無脂肪牛乳(コップ1杯200ml)たんぱく質8.5g 85 Kcal、脂質0g
・枝豆 (100g) たんぱく質11.5g、135 Kcal、脂質6.0g
・豆腐(100g)たんぱく質6.5g、70 Kcal、脂質4.0g
・マグロ刺身(100g)たんぱく質21〜25g 120 Kcal、脂質0.1〜0.2g
・ツナ缶(1個)たんぱく質16〜18g、70〜90 Kcal、脂質0.2〜0.4g
・鶏むね肉(100g)たんぱく質24g、カロリー120 Kcal、脂質1.9g
・鶏ささみ(100g)たんぱく質 24g カロリー110 Kcal、脂質1.0g
・豚ヒレ(100g)たんぱく質 22g、カロリー110 Kcal、脂質1.7g

タンパク質と一緒に脂質も摂れてしまいます。
この数字をみていると結構大変そう・・・

という訳でプロテインサプリメントの登場です

サプリメントの役割

毎日、適切な量とバランスのとれた食事を摂取していれば良いのですが、現代社会は外食の多様化やコンビニエンスストアの普及など、過食や偏った栄養の食生活になりがちです。
(中略)
たとえば、必要なタンパク質を食事から摂ろうとすると脂質が過剰に摂取されることになります。
(中略)
サプリメント(supplement)は、「補う」という意味があります。
サプリメントをうまく活用して健康維持や病気の予防に役立てる必要があります。

そこでおススメしたいのが・・・

モリンガ配合のWPIホエイプロテイン「フルアクセル」

モリンガとは?

モリンガとは、北インド原産ワサビ科の植物で、ミラクルツリー(奇跡の木)とも呼ばれ、とてもバランスのとれた栄養素を含んでいる樹木。 モリンガの種、幹、枝、葉、花、根、すべての部分に利用価値が高く、特に良いとされる栄養素が90種類にもおよび、そして300種類もの効能効果が確認されている

モリンガは最近注目のスーパーフードです

モリンガの葉はタンパク質、ビタミンA、ビタミンB、ビタミンC、ミネラルが豊富で、モリンガの葉をウシに与えると、体重が最大32%増加し、牛乳の生産が43%から65%増加することが示されている

スーパーフードと言われる所以がこれです

1 2 3