1. まとめトップ
  2. IT・ガジェット

この記事は私がまとめました

ついに登場したiOS 13

ダークモードの搭載や「Apple IDでサインイン」機能など、注目の新機能が追加されたiOS 13。

しかし、その陰でひっそりとアップデートされていた「便利機能」をご存知だろうか・・・!

今まであった「iPhoneを探す」Appは進化

「友達を探す」Appと合体して「探す」Appへ!

めっちゃ探してしまった「友達を探す」App・・・。
実はアイコンを「iPhoneを探す」Appと「マップ」Appの融合系に変えて「探す」Appに進化していた。

この「探す」Appを利用すれば、iPhoneを探す機能も友達や家族を探す機能も画面下部のメニュー切り替えでマルチタスクに利用できる。

友達や家族がどこにいるか、簡単に調べられます。自分の位置情報をほかの人と共有し、相手にも居場所を教えてもらいましょう。なくしたデバイスも探せます。「探す」App が全部やってくれます。

なんとオフラインのデバイスも探せる

した時用に「最後の位置情報を共有」する設定はあったけれど・・・なんと今度の「探す」AppはBluetoothでデバイスを見つけるのだ!!!

iOS13の探すアプリでは紛失したiPhone、Mac、iPadを探す機能が搭載されます。紛失または盗難にあったデバイス(特にMacやWi-FiモデルのiPad)がインターネットに接続されることは考えにくく、これまでの「iPhoneを探す」アプリでは位置の特定が困難でした。しかし探すアプリでは付近にあるiPhoneを利用してオフライン状態のデバイスの位置情報を取得します。

紛失したデバイスがWi-Fiまたは携帯電話ネットワークにつながっていない状態でも、クラウドソースによる位置情報を使って探すことができます。デバイスが紛失したことをあなたが知らせると、別のAppleユーザーのデバイスが近くにあれば、そのデバイスがあなたのデバイスのBluetooth信号を検知して、位置情報をあなたにお知らせします。これは完全に匿名で行われ、エンドツーエンドで暗号化されているので、全員のプライバシーが守られます。

Bluetooth信号を検知して位置情報を送信してくれるということ!iPhoneユーザーが多い地域であればより効果的に利用できる一方、iPhoneユーザーが少ない地域では探せないこともある。

それでも便利な機能に変わりなく、iPhoneユーザーは必ずこの機能をオンにしておこう!

この機能を利用するには

事前に設定が必要。
iOS 13にアップデートした時点で自動でオンになっているはずだが、万が一のために手動で確認しておこう!

まずは「設定」からユーザー名をタップ

画面真ん中あたりの「探す」をタップ

「iPhoneを探す」をタップ

ここがオンになっていればOK!

この画面の「最後の位置情報を送信」がオンになっていれば、デバイスのバッテリーが少ないときに最後の位置情報を送信してくれる。これならバッテリー切れでもデバイスが移動していなければ探すことができる!

マークアップ機能が地味にアップデートしてる・・・

iPhoneで写真に楽しく描画できる「マークアップ機能」。
Today at Appleでもお馴染みのこの機能が地味にアップデートして使いやすくなっていた。

まず写真App>写真選択>編集>右上…の順に進もう

マークアップ機能をタップしたら、右下定規をタップ

定規を引きたい線の角度に調整

この定規最初は斜めに出てくる

線の太さと種類を選ぼう

1 2 3