1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

職場にいつまでも準備ばかりしていて一向に仕事をしない人はいませんか?こうした行動力がない人と一緒に仕事をする場合はどのように対処したらいいのでしょうか?行動力がない人の特徴をよく理解して対処法を考えてみましょう。

honzukimineさん

行動力がある人行動力がない人|行動力を高める10の方法とは?

行動力を高める10の方法
ここからは、行動力を高める方法を10個ご紹介していきます。



行動力を高める方法を知って、今日から出来るものから実践していきましょう^^



目標を設定する


行動力がある人・成功している人の共通点は、明確なビジョンを持っているということです。



成果を出すため、達成するために具体的な目標を設定し、行動力を発揮しています。



また、具体的な目標設定の中でも、最終目標以外に、小さな目標も設定し、1つずつクリアすることで達成感を感じながら、モチベーションをキープし続ける工夫をしています。



仕事でもプライベートでも、後悔しないように強い意志を持って、明確なビジョンを意識することで、行動しなければと自然と思えるようになるのです。





考えるだけではなく手を動かし実践する


行動力がある人を観察すると、思いついたらすぐに行動しているように見えます。



時には計画を立てることもありますが、基本的に体や手を動かしながら、頭で考えつつ行動に移しているのです。

行動力のある人に共通する11の特徴

1.誰に対しても自分から心を開く
誰に対しても自分から心を開く

行動力のある人は初対面の人に対しても物怖じせず、自分から心を開いて接することができます。通常、初めて会う人と会話するとき、その人がどんな性格か分からないため壁を作ったり、探り探りの姿勢で接してしまいがちです。しかしそれでは相手との距離は縮まりません。

行動力のある人は、まずは自分から心を開き、ありのままの自分をさらけ出すことで相手の警戒心を解こうとします。なぜなら、それが相手との距離を近づける一番の方法だから。相手との距離が縮まればお互いのことをより知ろうという気持ちになり、その場も盛り上がります。行動力のある人は、人に対しても前のめりなのです。

「行動力がある人」に共通する10の特徴と身につけるコツ

失敗からも前向きに学び、物事の本質を見極める力を高めよう


行動力がある人は、勢いだけで行動する無謀な人ではありません。本当に行動力がある人は目的達成のために自ら高い意欲を持って行動し、失敗をむやみに恐れるのではなく失敗からも前向きに学ぼうと努力します。

また物事の全体像を俯瞰的に捉えて本質を見極められる人、一定の論理に基づいて思考・行動プロセスを整理したうえで行動できる人なども高い行動力を持っています。

日本人は大人になればなるほど安定を求めたがり、行動力が低下する傾向があります。しかし、行動力を高めて新しいことを始めるのに遅すぎるということはありません。行動力を高める第一歩として、まず上記の特徴を意識しながら日々の学業や生活に力を入れてみましょう。

行動できない人・行動力のない人の特徴4選!心理に潜む最大の理由とは

特徴に共通する心理的最大の理由とは
これまで行動できない人の特徴①~④を見てきましたが、この4つの特徴には共通する最大の心理的状態があります。

そこを知り、認識する事で自己実現のスピードを速めましょう。



・恐怖


①~④の共通点で最大の要因それは、死への恐怖です。



人間には生命維持をする為に本能的に変化を嫌う特性があり、現状維持に留まろうとするように潜在意識に組み込まれている。



簡単に言うと、死なないように守ってくれているということです。



これは4つの特徴の最大の原因であるのはもちろん、これから行動しようとすれば必ずこの恐怖が邪魔をしてくるものだと認識してもらいたいのです。



もちろん、この平和な日本であなたが新しい事にチャレンジしたからといって、生命の危機にさらされることはまずありえません。



なので安心してチャレンジしていきましょう!

行動力がない原因とトレーニング法-精神保健福祉士が解説①

行動力が少ない4つのタイプ
心理学の世界では、ある1つの概念のさらに細かい要素を分析することがよくあります。斎藤・緑川(2015)は行動力と近しい概念である決断力の欠如にはどんな構成要素から成り立っているのかを調べるました。その結果、以下の4つのタイプがあると推測されています。

・熟慮タイプ
決断をする時、些細な事が気になり、小さい事の判断にも時間がかかる
・他者参照タイプ
他人の決断や行動が気になる、他者と選択が違うと不安に駆られる
・不安タイプ
決断した後、後悔しやすい、何かを決断する時に自信を持って選ぶことができない
・先延ばしタイプ
決断を後回しにしてしまう、特に重要な問題においては、ギリギリまで決定を延ばす

行動力・決断力の無さはこれらの傾向が合わさってできているようです。皆さんはいかがでしょうか。もちろん問題に対して考え深めることや、結論を先送りにすることは時として重要です。こうした優柔不断な傾向が人生にプラスに働いていると感じるのであれば、特に問題ないでしょう。

行動力がない人から行動力がある人へ変わるために出来ること。

行動力をつけるためには
では、行動力をつけるためにはどうすればいいのでしょうか?行動力がない人の逆をすればいいのです。



目的(=何がしたいか、どうなりたいか)を持つ
自分が何をしたいのか、どうなりたいのか考えてみましょう!考えることに集中できた方が良いので、温泉や家のお風呂に浸かりながらゆっくり考えてみると自分の目的が見えてくるかもしれません。人によっては考えるだけじゃなくて、ノートに思ったことを書きまくることで目的に気づくかもしれませんよ!

どんなに考えても現状が最善と思えるのであれば、そっとこのPCを閉じて下さい。あなたは今が最高の環境なのですから、こんなブログを見てる場合じゃありません!遊びにでも行ってください。というか、何の目的でこのブログ記事を読んでいるのか聞きたいぐらいです。

行動力がない人とある人の特徴・おすすめの本・名言・診断項目

行動力に関するおすすめの名言やキャッチコピー
行動力がない人とある人の特徴・おすすめの本・名言・診断項目
「行動力」に関する名言や格言は非常に多く語られていますが、その中でも特に多くの人が勇気をもらったであろう2つを紹介します。

いつの時代も背中を押してくれる四字熟語!『有言実行』
『有言実行』とは、まさに読んで字のごとく、「自分の言った言葉が有るなら、それを実行しよう、行動しよう」といったニュアンスの、力が湧いてくるような四字熟語です。

人にダメだしばかりしていませんか。人に注意したことは、自分もきちんとできていますか。言葉だけが先行して、口ばかりの人間になってはいませんか。ダイエットをすると言って、お菓子ばかり食べていませんか。

大人になってからも、たくさん考えさせられる四字熟語です。言ったことはすぐに実行するのは模範的な「行動力」の例ではないでしょうか。

行動力がない人の情けない特徴4個

決断をするのが苦手
行動力がない人の特徴というのが、何かを決断をすること自体が苦手という性格です。

何かしら行動を起す為にはどんな行動を起すのかと、行動を起すタイミングを自分で考え実行しなくてはなりません。

ですが優柔不断で決断をすることが出来ない人は、いつまでもグルグルをどうするべきかを迷っているのです。

1つの選択肢を選ぶということはその他の全ての選択肢を捨てるということで、決断には責任が伴ないます。

だから決断をしたくない、責任を取りたくないと無意識に思っていて悩んでいるフリ、迷っているフリをしながら時間を稼いでいます。

そして時間が過ぎればタイミングを失ってしまい今更何をしても無駄といった状況になってしまいます。

そうなればもう行動をする理由はなくなり、結局行動をしないまま何も出来ないまま物事は終わってしまいます。

行動力がない人へ|今すぐ行動力を上げるために必要なこと

仕事やプライベートにおいては「行動力」というものはとても大切なものになります。

それでは、「行動力」とは一体、何でしょうか?

行動力とは、簡単に言うと「高い目標を達成するためにアグレッシブに行動する力」です。また、「新しい世界を開拓していく力」でもあります。

行動力のある人は、「逆境を乗り越えていく力」を持っており、「これまで以上の成果や成功をつかみとる力」があるといえます。

バリバリ活躍する人たちと比べて、現在の自分に行動力を感じられない人もいるでしょう。
しかし、諦める必要はありません。

自分のマインドを変え、行動していくことによって、「行動力のある人になることは可能」だからです。

「自分には行動力なんてない」「自分には絶対に無理だ」と思っている人にこそ、今回の内容は読んでほしいです。

行動力がない人に不可欠な知識「やり方のやり方」

あなたはM-1の審査員?
「以前からだいたい知っていた内容でした」「目新しい内容がなくて残念でした」

私たちコンサルタントがセミナーなどを開くと、アンケートにこのようなコメントが書かれることがたまにあります。

すでに本に書かれているような内容をセミナーで言われても意味がない。自分の知らない、新しいやり方を教えてもらえると思って参加したのにガッカリした――ということなのですが、これが出版社などメディア関係者に指摘されるならともかくです。一般企業の経営者、マネジャーに言及されると苦笑したくなります。

「M-1グランプリに出場しているわけじゃないんだから、斬新なスタイル、新しい笑いを求めるようなスタンスでセミナーに参加されると困る」と思うのです。

これは私だけでなく、一般的に「コンサルタント」と呼ばれる人たちが一様に持つ感想です。いまだに評論家タイプの経営者、マネジャーは多く、新しい知見に出会うと、それを誰かにひけらかしたくなるし、新奇性の低い情報には価値がないとレッテルを貼るのです。

行動力がない人の特徴や原因は?短所改善の具体的方法を解説!

行動力がない人の特徴③:準備で心がくじけてしまう
行動力がない
上で見た完璧主義とも関係しますが、準備段階で行動そのものへの意欲を失ってしまう人も少なくありません。

ランニングを始めるために、シューズを買って、ウェアをそろえて…と準備はしっかりしたけれど、いざ走り出すことができない…という経験をしたことがある方は少なくないでしょう。

もっとも、新しいことを始めるときに「カタチから入る」というのは必ずしも悪いことではありません。

人間は「かけたコストは回収しようとする」という心理を持っていますから、準備にコストをかけた場合には、具体的な行動によってその分のもとを取ろうとする効果が期待できるためです。

一方で、趣味のように時間制限のないことであれば問題はありませんが、仕事の期限やビジネスでのチャンスはじっくりと準備をしているうちに過ぎ去ってしまうことも少なくありません。

期限があることに関しては、ある程度の準備で見切りを付け、思い切って行動に移すことが求められることもあります。

行動力がない人の特徴・心理・対処法

行動力がない人の特徴・心理

まずは行動力がない人の心理や特徴から考えてみましょう。

言い訳が多い

行動力がない人に共通する特徴としては、言い訳が多いという点があります。

本来やるべきことをやらなかった言い訳をするのですが、結局その言い訳は後付のもので「時間がない」「タイミングが悪い」「体調が悪い」といった本当はどうにでもなるような言い訳ばかりです。

人は行動できなかった言い訳はいくらでもできるので、そんな言い訳を考えているうちに自分自身もその言い訳に納得してしまいます。

また、条件付きで行動するといった決め事をする人もいます。

たとえば「〇〇万円貯まったら独立して起業する」「〇〇kg体重が減ったら告白する」というように行動に条件をつける人です。

これもひとつの言い訳で、条件を満たさなかったから行動できなかったという言い訳を最初から考えているのです。

その証拠にこうした条件を達成して行動に移した人はほとんどいません。

行動できる人は条件無しですぐに行動をしています。

身の回りの行動力がない人をよく観察してみれば、言い訳が多いことにすぐ気づくはずです。

行動力がない人の特徴&原因|行動力がある人になる10の方法とは?

特徴1. 何事も先延ばしにする癖がある
行動力がない人は、緊張感を持って物事に取り掛かるのが苦手な場合が多くあります。するべきこととして認識できていたとしても、完了予定までの日程に余裕があると今すぐ取り掛かからず、先延ばしにしてしまう癖があります。

何事も先延ばしにしてしまうことが、行動力がない人の大きな特徴の1つといえます。


特徴2. 完璧主義者である
行動できない理由の一つに、取り掛かり始めるなら全ての情報を得てからにしたいという思いがあります。

完全な仕事をするには、最初から、完全な情報を持って計画をし、全てがそろってから実行の段階に入りたいと思うわけです。

何事も完璧にしようと思うあまり、慎重すぎる対応になってしまうのが行動力がない人の特徴です。


特徴3. 自分に自信がない
行動力がない人の中には、どのように結果に向かって進んでいけば良いかをなんとなく判断できるという場合もあります。

しかし、自分の判断に確信を持つことができず、どうすれば良いかが分かっていながら、行動にまでつなげることができないのです。

「行動力がない」を克服する7つのヒント

「行動力がない」という悩みを持っている人はたくさんいます。 頭では色々考えているけれども、なかなか実際の行動に移すことができないという悩みです。

中には、「自分はそういう性格なんだ」と諦めている人もいるようですが、性格は全く関係ありません。
例えば、大好きな人に会えるとなれば、億劫なあなたもお気に入りの洋服に着替えて出かけるでしょうし、家が火事になれば扉を蹴破って飛び出すでしょう。

つまり、本来行動力は誰にでも備わっているもので、それが「ない」ということはあり得ないのです。
健康なのに行動力がないのであれば、そこには必ず何らかの原因があります。

ここでは、そんな行動力がない原因や、行動力を上げるための方法などを考えていきます。

行動力がない人の才能は?

「行動力がないから生き残った」という話。
以前ディスカバリーチャンネルに北極か南極で微生物の研究をしている科学者が出演していました。何千年も前から生きているその微生物はほとんど動かない。結果、この微生物はエネルギー消費を抑えることができ、氷河期も生き残り、今も生きています。

これを人間に置き換えるなら、行動力のない人は保存・蓄積機能が優れているということです。

行動力がない人が才能を発揮する仕事とは?
わかりやすい例は松田龍平さんと宮崎あおいさん主演の映画「舟を編む」。第37回日本アカデミー賞で最優秀作品賞を受賞した映画です。

舟を編む 通常版 [DVD]


主人公は口下手、引っ込み思案、付き合い下手の若者。一人で本を読みながら、ランチを食べるような青年です。そんな彼がなんの間違いか、営業部に配属され、書店営業に行くものの邪険に扱われる日々。まったく成績を残せないダメリーマンになっていました。

ところがある日、辞書編集部のトップに注目され、10年たっても出版されるかどうかわからない辞書編集部に移動した途端、活躍を始めます。

1