1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

闇すぎる…教員が教員をイジメる「職員室イジメ」の実態

教員が教員をイジメる職員室イジメの実態に迫ります。

更新日: 2019年10月05日

13 お気に入り 42441 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

実際に起きたニュースを参考に作成しています。

PINKMOMOさん

■ショッキングなニュースが入ってきた

加害側の教員たちは男性教員を羽交い締めにして激辛カレーを目にこすりつけるなどしたほか、男性教員の車を傷つけ、無料通信アプリ「LINE(ライン)」で第三者にわいせつな文言を無理やり送らせるなどしていた

■目を疑う記事…

同僚の20代の男性教諭に対して、日常的に暴言を浴びせるなど、悪質ないじめを行っていた

コピー用紙の芯で尻をたたいて腫れさせ、「ボケ」「カス」といった暴言を頻繁に浴びせていた

小学校に通う児童の保護者は「皆さん泣いてましたよ、お母さんたちは。もう子どもの精神状態が心配ですって。本当に信頼していた先生たちだったので、ショックは計り知れない

■被害にあった教員は告訴を検討しているという

被害者の男性教員は、精神的に不安定になり、9月から病気欠勤している。加害者の4人は、市教委の指導で10月から年休を使って休んでいる

4人の行為がハラスメントにあたると認定し、処分を検討しています。

■このような「教員同士のイジメ」は今回に限ったことではない

子どものいじめ問題はニュースにもなり、社会の関心も高いのですが、実はその裏で、教員同士のいじめが急増している

教職員室にはいくつものグループが存在し、LINEにはターゲットに対する罵詈雑言が飛び交っています

先生同士の陰口、皮肉など当たり前のように毎日聞こえてきました。自分の陰口も毎日言われ避けるように勤務していたらますますひどくなり生徒の前でも皮肉を言われたりしました

■生徒の前でも堂々と

「児童の前で堂々と教師同士のいじめが行われていて恐ろしい」

■子供たちへの影響を考えると

授業は適当、職員室ではいじめ、生徒には暴力をふるう……、何ともひどい教育現場の報告が続々

先生同士のいじめなど問題外だが、大人たちのいがみ合いの一番の被害者は子どもだということを忘れてはならない

1 2