『ジョーカー』 死にかけの狂喜に満ちた孤独な男の破壊と再生。激しい怒りも悲劇も喜びも、この世の全てだって何もかもが喜劇になる。凄い…在り者としての彼が確かにそこにはいたし、今まではヒーローが抱えていた“葛藤”をヴィランに持たせたのは革新的。 あまりにも現実味を帯びていて、背筋が凍る。 pic.twitter.com/cQ0Ooossfm

返信 リツイート いいね

前へ

この情報が含まれているまとめはこちら

2019年“ジョーカー” 鑑賞後はセラピーが必要との声も SNSでの評価は?

2019年10月4日公開の話題作、映画ジョーカーの口コミです。

このまとめを見る