1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

「iPhone11」が絶好調な売れ行きらしい。その理由とは?

米アップルが新発売した「iPhone11」の売れ行きが好調のようです。その理由に迫ります。

更新日: 2019年10月05日

9 お気に入り 47542 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

様々な情報を参考にして作成しています。

PINKMOMOさん

■米アップルが新発売したiPhone11

9月20日に発売されたiPhone 11。「カメラが凄いって本当?」「結局今までとどこが違うの?」

今年のiPhoneは買いなのか? 毎年聞かれる疑問だが、今回については「かなりオススメ」

■その売り上げが絶好調だ

アップルが、先月発売したスマートフォン「アイフォーン11」など新型3機種の生産台数を上方修正

アナリストの予測を裏付けるかのように、iPhoneに部品を供給するサプライヤーの株価も大きく上昇

■生産台数を1割程度上方修正

Appleはサプライヤーに10%もしくは800万台の増産を指示した、とNikkei Asian Reviewが伝えています。

年末までの生産台数を当初の計画から1割程度増やす見通しで、部品を供給する日本などの企業にも恩恵が出そう

クック氏は最新機種「アイフォーン11」の販売について、「非常に好調なスタート」を切り「この上なく満足」していると述べた

■世界中で売れている

去年、発売した前の機種に比べ、価格を低く抑えたため、世界販売が想定を上回りました。

■日本でのレビューも上々のようだ

とにかく動画がキレイすぎる iPhone11買ってよかった もう元取れた pic.twitter.com/lm6UWZp3oe

今日iPhone11やっと取りに行って今使ってるのですが、使いやすい! 写真やばい!!

■中国だけは情報が錯そうしてる

中国ではiPhone11に人気が集中しており、iPhoneXS/XRリリース時と比べるとなんと300%も販売台数が増えている

ウェイボー上で行われた投票で63万6000人の回答者のうち、70%以上がiPhone 11を「購入しない」と答え、「購入する」と答えたのはわずか12.5%だった

米政府との対立が始まった当時、ファーウェイの中国市場におけるシェアは約25%程度だったが、今では40%近くまで高まっており、同社は収益の約50%を母国で稼いでいる

1 2