1. まとめトップ

食欲の秋に向けて!「深呼吸」は体に良い♡ダイエットや肩こりにも♡「深呼吸」で得られる驚きのメリット

深くゆっくりと呼吸することで、体にうれしいメリットがたくさんあることをご存知ですか?ダイエットやリラックス効果もある、「深呼吸」のメリットについて解説します。

更新日: 2019年10月05日

3 お気に入り 2128 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

気になるニュースを料理します。皆様の役に立てるよう頑張ります。

hayate15さん

息をスーハーするだけの超簡単健康法

出典locari.jp

いつも何気なくしている呼吸。実は、深くゆっくりと呼吸することが体に良いと知っていましたか?「深呼吸」にはうれしいメリットがたくさんあるのです。

そこで今回は、正しい「深呼吸」の仕方から、うれしいメリットまで詳しく解説します。

体に良い「深呼吸」のやり方

方式は「腹式呼吸」

出典locari.jp

呼吸には息を吸って肺を膨らませる「胸式呼吸」と、息を吸ってお腹を膨らませる「腹式呼吸」の2種類あります。深呼吸では「腹式呼吸」をしましょう。

腹式呼吸のやり方

背筋を伸ばして、鼻からゆっくり息を吸い込みます。このとき、丹田(おへその下)に空気を貯めていくイメージでおなかをふくらませます。

つぎに、口からゆっくり息を吐き出します。お腹をへこましながら、体の中の悪いものをすべて出しきるように、そして、吸うときの倍くらいの時間をかけるつもりで吐くのがポイントです。
回数は1日5回くらいから始め、慣れたら10~20回が基本ですが、その日の体調に合わせて、無理なく楽しみながらやりましょう。

●さらに効果を高めたいときは……

腹式呼吸にイメージトレーニングを加えてみましょう。息を吸い込むときは、高原のさわやかな空気や、好きな花の香りなど心地よいものをイメージし、息を吐くときはイライラの原因や緊張、不安などのマイナス要因がからだから出て行くのをイメージします。

深呼吸の10のメリット

1.自律神経を整えて心も体もリラックス

出典locari.jp

深呼吸をすると、自律神経のうち副交感神経が優位になります。副交感神経が優位になると、筋肉が緩み、血管も広がり、体も心もリラックス状態になるのです。

疲れたなと感じるとき、イライラするとき、ストレスがたまっているとき、緊張感や不安感があるときなどに、深呼吸をすると落ち着きます。

痩せない、結果が出ない。ダイエットを妨げる「ストレス」とは?

私たちが感じるストレスは大きく2つに分けられます。
1.不安や怒り、悲しみなどの内的ストレッサーと呼ばれる心理的なもの2.臭い、音、天気、気温などの外的ストレッサーと呼ばれる物理的なもの
知らず知らずのうちに外からも内からもストレスを感じ、さらにそれが蓄積している人も少なくありません。
ストレスは目に見えないだけに常に自身で意識して対処していくことが必要。
では、ストレスがダイエットにどう影響するのでしょうか?

ストレスが、脂肪をため込みやすい体質をつくる!?

ストレスを(脳で)感じると、体を守ろうとホルモンや内臓の働きが活発になり、たくさんのエネルギーを引き出そうとします。その状態で食べると、食べた物をエネルギーの源となる脂肪に変えるスピードが上がってしまいます。さらにストレスが高い状態が続くと食欲が増し、脂肪を体にため込みやすい状態が続いてしまします。それが『ストレス太り』になる原因です。

ストレスは、好きなことをすると発散されます。

例えば、趣味に没頭するなどは最適なストレス解消法です。

友達とのおしゃべり、カラオケ、ゴルフ、釣りなど自分が好きなことなら何でもOK!1日5分でもいいから自分の好きなことをする時間を作りましょう。

2.安眠を導く

寝ている間も副交感神経が優位になり、体や脳が休息しやすい状態になっています。体のリズムとして、22時~翌日2時は副交感神経が優位になりやすく、自然と眠くなる時間帯です。

ところが、生活リズムが崩れると自律神経も乱れて、交感神経優位の覚醒状態が続いて、夜遅くなっても眠りに入りにくくなってしまいます。そこで眠る前に深呼吸。

ゆっくりと深呼吸をすることで副交感神経が優位になり、眠気を導くことができるのです。

3.血行を促進する

出典locari.jp

自律神経のうち交感神経が優位だと、筋肉が緊張して血液のめぐりが悪くなってしまいます。深呼吸をして副交感神経が優位になれば、筋肉の緊張を和らげて、血行も良くなるのです。

血液は体に必要な酸素や栄養を送り届けてくれます。血行が良好だと体の健康にもつながるということですね。

4.冷え性・むくみ改善

出典locari.jp

深呼吸で血行が良くなれば、全身に血液が巡るので冷え性改善にもつながります。血流や冷え性の改善により、むくみの解消も期待できます。女性が悩みがちな冷えやむくみも深呼吸で解決しましょう。

5.便秘改善

出典locari.jp

深呼吸をすると、お腹を膨らませたりへこませたりして横隔膜を動かし、内臓の刺激することになります。すると胃腸が活発になり、便秘を改善することもできるんです。

また、副交感神経が優位になっているときに、腸内活動は行われます。深呼吸をして自律神経を整えることも、便秘改善に役立つのです。

1 2 3