1. まとめトップ

絶対に行きたい!イギリスの世界遺産まとめ

イギリスには文化遺産や自然遺産を含めて数多くの世界遺産があります。今回はそんなイギリスの世界遺産をまとめてみました。

更新日: 2019年12月14日

1 お気に入り 2857 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

KimifusaAbeさん

グウィネズのエドワード1世の城郭と市壁

グウィネズのエドワード1世の城郭と市壁 (Castles and Town Walls of King Edward in Gwynedd)は、イギリス・ウェールズにあるUNESCO世界遺産。13世紀に建てられた4つの城の総称である。

これらの城は、ウェールズ公国を征服したイングランド王エドワード1世によって建てられた。1283年から1290年代にかけ建設を始めた城ばかりである。全てが軍事要塞の役割を担っており、平定されたとはいえいかにウェールズの反抗が激しかったかを物語るものである。これらの城の設計はすべてマスター・ジェイムズと呼ばれた一人の建築師(石工の棟梁)によって行われたという。

ビューマリス城(Beaumaris Castle)は、ウェールズ北西部のアングルシー島にある港湾都市ビューマリスにある中世城郭。ボーマリス城とも表記する[1]。1986年、カーナーヴォン城、コンウィ城、ハーレフ城とともにグウィネズのエドワード1世の城郭と市壁として世界遺産に登録された。

UK・ウェールズの『グウィネズ地方の古城群』☆エドワード1世の時代に軍事要塞として建立されたカーナーヴォン城、コンウィ城、ビューマリス城等は世界遺産に登録されている☆アクセスは北イングランドから入った方が利便性が良いかも知れない☆鬱蒼とした表情を見せてくれる古城巡りも味わい深い☆ pic.twitter.com/o2Bj0ugQwv

今日はかなりのハードスケジュール。朝一でビューマリス城へ行き、外観を眺め、続いてタクシーでスノードニア国立公園へ移動。アーサー王の伝説の残る地を歩いて、コンウィ城へ。うろうろ歩いて世界一?UK1?小さな家の外観を眺めた。小さな家は、ドアの高さが150cmと思われる(私は屈まなくていい pic.twitter.com/EdACRAgRoS

カーナーヴォン城 (英語:Caernarfon Castle、ウェールズ語:Castell Caernarfon)は、ウェールズ北西グウィネズ州カーナーヴォンにある城。1283年にウェールズを征服したイングランド王エドワード1世によって建設された。

城内にはイギリス陸軍の連隊の一つロイヤル・ウェルチ・フュージリヤーズ(Royal Welch Fusiliers、プリンス・オブ・ウェールズ師団の一つ)の連隊博物館がある。また、UNESCO世界遺産の『グウィネズのエドワード1世の城郭と市壁』として登録されている。

2005年にウェールズ行った時の写真が出てきた。 写真はカーナーヴォン城 んー懐かしい(゜▽゜*) pic.twitter.com/aLcpbkStqA

コンウィ城(Conwy Castle)は、イギリス、ウェールズ北部の都市コンウィにある城。コンウェイ城とも表記する。13世紀、イングランド王エドワード1世が築いたウェールズ遠征の拠点である。8つの円塔と外壁が残り、1986年、カーナーヴォン城、ビューマリス城、ハーレフ城とともに「グウィネズのエドワード1世の城郭と市壁」として世界遺産に登録された。イギリスの画家、ターナーがコンウィ城を描いている。

“難攻不落の堅固な城”であるウェールズのコンウィ城。この城はイングランド王エドワード1世によって建てられた、ウェールズ遠征の軍事拠点となった城です。美しい町コンウィの川畔に立つコンウィ城の姿は圧巻です。 pic.twitter.com/D9fUZpMf9N

ダラム城と大聖堂

ダラム城 (Durham Castle)は、イギリス・ダラムにあるノルマン様式建築の城。1840年より全体がダラム大学学生寮となっている。城はダラム大聖堂と共にウェア川を見下ろす丘の上に立つ。

この世界遺産は世界遺産登録基準における以下の基準を満たしたと見なされ、登録がなされた

今日はダラム見てきた ①ダラム城、大学寮らしいかっこいい ②③ダラム大聖堂 ④手前ダラム城、奥ダラム大聖堂 またまた天気に恵まれて良かった エディンバラに上陸した私は、明日ネッシー探しに行きます pic.twitter.com/cW3zAkBRlq

アイアンブリッジ峡谷

アイアンブリッジ峡谷 (Ironbridge Gorge) はイングランドのシュロップシャー州にある、セヴァーン川が形作った峡谷である。ユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されており、周辺の敷地を含む屋外博物館アイアンブリッジ渓谷博物館はヨーロッパ産業遺産の道のアンカーポイントの一つとなっている。

本来「セヴァーン峡谷」と呼ばれていたが、その種の鉄橋として世界で初めて作られ当地の産業遺産となったアイアンブリッジに基づいた名前の方が、今は通りがよくなっている。

1 2 3 4 5 6 7 8