1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

この記事は私がまとめました

uwajimanさん

いつかは訪れる…魔の2歳児!

成長の段階だと分かってはいるものの、実際にその時期を迎えてみると、途方に暮れる人も多いのでは

今まであんなにママさん・パパさんの言うことを聞いてくれたのに、いつの間にか反抗的になってきてもう大変!という人は少なくないはず

なにかと否定的な態度をとる赤ちゃんの「イヤイヤ期」は成長をする段階で必要な時期となります。

イヤイヤ期はいつから?

一般的には生後6ヶ月~1歳半ごろに始まり、2歳ごろにピークを迎えることから、巷では「魔の2歳」とも言われています。

この時期は感情のコントロール方法を学ぶので、おうちの方が無理な要求まで聞き入れていると、子どもは「泣けば言うことを聞いてもらえる」と学習してしまいます。

何でもかんでも自分でやりたがるようになり、ママさん・パパさんやお父さんであっても自分の気持ちをストレートに表現していきます。

イヤイヤ期がはじまったらどうすればいいの?

基本的に、子どもの気持ちが落ち着くのを待つしかないので、「こうすればうまくいく」という正解はありません。

イヤイヤしちゃう原因があった!!

話せるようになってまだ間もない子どもは、なかなか自分の気持ちを伝えられないストレスや苛立ちから「イヤ」と言ってしまうことも。

お母さんも子どもとうまくコミュニケーションが取れずイライラしてしまうことがあるかもしれませんが、なるべく落ち着いて対応し「こういうことが言いたいのかな?」と子どもの気持ちを引き出してあげましょう。

イヤイヤ期の子どもは「自分を受け入れて欲しい」「もっとこっちを見て欲しい」などの気持ちを持っていることが多いです。

遊んでいる時に他のことを言われると、気持ちの切り替えができず「イヤ」が出てしまうことも。

まだできないことも多いこの時期の子どもは、できないストレスから「イヤ」が出てくることも少なくありません。

実は2歳だけじゃない!?0歳~2歳までの見抜き方と対処法

泣くことが増えた、おっぱいをあげてもおむつを替えても、何をしても泣き止まないことが増えた場合には、イヤイヤ期に入ったと考えて良いと思います

1 2