母親との付き合いで慣れているため、デートでショッピングに行って服を選んだり、おしゃれなカフェに行ったりという、いわゆる『女性が好きなこと』もおっくうがらずに付き合ってくれます。普段から母親を褒め慣れているから、彼女の髪型やネイルが変わったらすぐ気付いてくれるし、『今日のファッション、とても似合うね』など女性のツボを突いたコメントもできます。

出典第8回 豊かな世代と「ママっ子男子」の登場 – 晶文社スクラップブック

前へ 次へ