1991年1月、マイナーチェンジ。エンジンが1,800ccのCA18DE/CA18DET型から2,000ccのSR20DE型(140PS)とSR20DET型(205PS)に変更された。姉妹車の180SXも同時期にSRエンジンに変更されたが、名称は180SXのままであった。そのほか、4輪操舵のHICAS IIがSUPER HICASに変更され、タイヤサイズが195/60-15から205/60-15にサイズアップされた。さらにトランクリッド後端中央のキーホールカバー形状を逆台形から楕円形に変更、リアスポイラーを飛行機の翼をモチーフにした新形状に変更、その内蔵ハイマウントストップランプには横一列配列のLEDを採用、サイドドアビームの追加、プロジェクターヘッドランプが4連からフォグランプも含めた6連に変更、アルミホイールの形状変更、トランク裏にトリム(内装)が追加されるなどの細かい点も変更が行われている。

出典日産・シルビア - Wikipedia

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

ART FORCE SILVIA「シルビア(S13)」

今回は、「デートカー」の代表的な存在で、昭和63年度通産省選定グッドデザイン大賞や88〜89年日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞した日産の名車「シルビア(S13)」を紹介します。

このまとめを見る