内装はシートの形状が変更され、リア3点式シートベルトが採用され、ワイパーの間欠時間調整が追加(Q's系、K's系)、ファッションキー(キーヘッドが丸で中に「SILVIA」のロゴが入る)の採用、前期型で多かった女性ユーザーからの要望により従来の助手席側に加え運転席側にもバニティミラーを追加(Q's、K's系)。ダイヤセレクションは廃止されたが、ダイヤセレクションの内容からCDデッキと専用エンブレムを省いた仕様のメーカーオプション「ダイヤパッケージ」が設定された。また、内装のオプションとして「レザーセレクション」(本革シート、ステアリング、シフトノブ専用内装地。スーパーハイキャスとセットオプション)とアートテリアセレクション(大理石模様のスウェード調生地のシート、内装地)を追加している。

出典日産・シルビア - Wikipedia

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

ART FORCE SILVIA「シルビア(S13)」

今回は、「デートカー」の代表的な存在で、昭和63年度通産省選定グッドデザイン大賞や88〜89年日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞した日産の名車「シルビア(S13)」を紹介します。

このまとめを見る