1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

バンコクのおすすめショッピングモール・ベスト10!旅行者は迷ったらここへ行け!

発展著しいバンコクでは、次々と大型ショッピングモールが開業しています。日本人もビックリの高級ブランド志向ショッピングモールもあれば、低水準から高水準まで楽しめるタイらしいショッピングモールまで様々。そんなバンコクのおすすめショッピングモール・ベスト10をまとめました。

更新日: 2020年01月27日

8 お気に入り 12292 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

バンコクでのショッピングが大好きな旅人。鉄板の人気ショッピングモールや2019年開業の最新ショッピングモールの情報もあり!バンコクで買い物したい人は要チェック!

● 2019年9月6日オープン!チャトゥチャックの新しいショッピングモール

ミックス・チャトゥチャック(Mixt Chatuchak)

タイ最大のウィークエンドマーケット「チャトゥチャック ・マーケット」裏にて、満を持して新しいショッピングモール「ミックス・チャトゥチャック」がオープン!

2019年9月6日にオープンしたばかりのショッピングモールですが、さっそく旅行者はじめ日本人から注目を浴びています。

いつの間にか、チャトチャック・ウィークエンドマーケットの横に、Mixt Chatuchakというモールがオープンしてた。入ってるお店は外と同じようなお店が多い。しかし涼めるところができてよかった 上のフロアには、おしゃれなフードコートもあり。#タイ #バンコク #チャトチャック pic.twitter.com/IofIY1qhmt

Mixt Chatuchak、全体的に若いというか、ちょっとチープかなぁ...という気がして、あきらめて帰ろうと思った時に、状態の良いビンテージのブラウスがたくさん売ってるお店を1Fで発見 東京だと5,000円〜くらいで売っていそうなものも300B〜500Bくらいでありました。日本の値札がついた服もあった pic.twitter.com/0iZ77M0rAN

ピアスやネイル、かごバッグ、シルクストールの専門店など、女性に需要がありそうな商品がずらりと並んでいます。

フロアは全部で3階建て。
キッズ関連やインテリアグッズ、女性物の衣料品店、タイ置物の店、シルク製品等の店が並んでいます。

チャトゥチャック・ウィークエンドマーケットに品揃えこそ劣りますが、ショッピングモールの中なのでエアコンが効いているのがメリット。

お土産になる物も多いので、チャトゥチャックと併せて買い物に行ってみてはいかがでしょうか。

チャットチャック市場の
「暑い・トイレが有料・レストラン少ない・
土日しかやってない」
という欠点を、全部クリアした素晴らしいフォローアップモール

と感じました!素晴らしい!!!

まだまだ開業したばかりなので、今後どのようにモール内店舗が増えていくのかにも期待!
また、モール周辺の飲食店等もこれまで以上に盛り上がりそうですね!

とりあえず、チャトゥチャックに行く人は、ついでに足を運んでみる価値ありです。

【営業時間】
毎日10:00〜22:00(定休日なし)

● 何でも揃う雑多な巨大ショッピングモール「MBK(マーブンクロンセンター)」

地上8階建て、売り場面積89000㎡の超巨大ショッピングモールです。

BTSナショナルスタジアムの4番出口に直結しています。

ファッション雑貨、貴金属、コスメ用品、時計、サプリメント、電化製品、SIMカード、インテリア、家具、スマホ、アジアン雑貨など。

テナントを埋めるためには何でもありな、良い意味で「東南アジアらしい」モールです。

出典ameblo.jp

なんでもありのMBKですが、統一して言えるのは「全て野物が安い」ということ。

それなりに品質の良い服が1着300バーツ以下で売られています。

アジアン雑貨は、日本のネットショップ等で数千円で売られている物でも数百円程度での購入が可能です。

バンコクの電脳ビルのMBKで、SIMフリーのiPhone6sゲット! 日本で買うより2万円以上安いですよ♫ pic.twitter.com/Xmm1aY5fgE

スマートフォンも日本より遥かに安いです。
そんなわけで、MBKには常時バイヤーと思われる日本人買い物客を見かけます。

MBK。 部下どもの安いお土産を買う。 pic.twitter.com/7zrOBjTZhc

バラマキお土産を買うのにもピッタリの場所。
様々なジャンルの店が統一性なく並んでいるので、ぐるぐると歩き回るだけでも楽しめます。

● タイ"最高級"デパート!水族館を目当てに家族で行こう!「サイアム・パラゴン」

ヴィトン、シャネル、ドルガバ、ZARAなど。
日本でも見かけるブランド物が全て揃っている高級デパート。

近年、驚く早さで富裕層が増えつつあるタイでは、実はこうした高級ショッピングモールが人気。

円安の影響があり、外資系ブランドはタイよりも日本で買う方が安いんです…

なので、ブランド物ばかりのサイアムパラゴンに「買い物目的」で行く必要はないでしょう。

サイアムパラゴンが日本人旅行者に人気の理由は、地下の水族館!

450種類以上・3万匹以上の魚類を収容した巨大な水族館があります。

サイアムパラゴン地下の水族館行って来ました!サイアム凄い人で人に圧倒された…水族館に息子大興奮! 個人的にペンギンとノコギリザメが観れてテンション上がりました! あとタツノオトシゴ!息子追いかけてて写真撮れてない!笑 pic.twitter.com/x3k42NmOVR

ちびっ子が喜ぶこと間違いなし!

#サイアムパラゴン #水族館 (@capsuleperfume2 )さんが教えてくださった水族館 ショッピングモールの地下とは思えないくらい充実してます!お魚以外でもプロジェクションマッピング、子供用の水槽トンネル、雪が降るドーム、ペンギンゲームがあったり…娘っ子は楽しんでくれたようです pic.twitter.com/29QZRQfgfT

子供用の水槽トンネルまであります!子供が楽しめるよう配慮している優しい水族館です。

サイアムパラゴン地下にある水族館「シーライフオーシャンワールド」へ行ってきました KKdayで大人1人700バーツで予約 多分、KKdayが一番安い 子供向けな演出が多く家族連れは楽しめると思う 別途350バーツ払って乗ったグラスボトムボートは小さくて微妙 でもパタヤの水族館より100倍楽しかった! pic.twitter.com/wiimopN2oa

沖縄の美ら海とか葛西臨海水族館とか広大な水族館と比べるとサイズはやや小さめですが(デパートの地下なんだからそりゃそうか)、逆に小さな子どもと一緒に回るにはちょうどいい広さ!

子連れでバンコクを旅行する方は、是非足を運んでみましょう!

1 2 3