1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

私のためにまとめました

fu_fu2527さん

2019年は90万人を割り込む…推定よりも2年早く

「団塊ジュニアの出産期の終わりを映している」。日本の出生数は1~7月で前年同期を5.9%下回る30年ぶりの減少ペースとなり、2019年は90万人を割り込む公算が大きくなってきました。 ▶出生数90万人割れへ、推計より2年早く 2019年 s.nikkei.com/2AKlaet pic.twitter.com/xRhzGwOmp7

110万から100万人は11年かかったが、100万人から90万人は3年

出生数90万人割れでヤバイこと ・110万から100万までの10万人を11年で下げたのが、100万から90万はたった3年で下げる急減っぷり ・都市部での出生率が低いと分かってるのに東京一極集中を進めて待機児童問題を放置 自ら死んでいく美しい国ニッポン。国民が選んだ道だから仕方ないよね?

少子化対策は基本手遅れとはいえ、想定より相当厳しい数字では・・・ ⇒ 「人口動態統計の速報値は外国人による日本での出産と、日本人の海外での出産が含まれる。(中略)外国人を含んでも90万人に届かない可能性がある。」 nikkei.com/article/DGXMZO…

出生数が90万人割れへ。100万人割れになったのはたった3年前の2016年です。 30年前から指摘されていたのに真剣に取り組んだのは民主党政権で、その子ども手当を馬鹿にしたのは自民党だ。 話はそれるが既に何度も指摘されてる巨大地震にも安倍自民党政権は真剣に取り組んでいない。どうするつもりだ。

なぜ?

少子高齢化は人災である
昨今、日本は急激な少子高齢化に見舞われています。先日の厚生労働省の発表では、出生数は91.8万人であり、過去最少を3年連続で更新しています。この急激な少子高齢化は、「日本人のライフスタイルが変わったため」と思っている人が多いかもしれません。しかし、それは誤解です。

確かに、日本人のライフスタイルが変わったことにより、晩婚化や少子化となりました。が、これほど急激な少子高齢化が起きたのは、政治の失策が大きな原因と

日本の少子化というのは1970年代後半から始まりましたが、欧米ではそのときにはすでにかなり深刻な少子化となっていました。そして1975年くらいまでは、欧米の方が日本よりも出生率は低かったのです。つまり、40年以上前から少子高齢化というのは、先進国共通の悩みだったのです。

が、その後の40年が、日本と欧米ではまったく違うのです。この40年の間、欧米諸国は子育て環境を整えることなどで、少子化の進行を食い止めてきました。欧米諸国のほとんどは、1970年代の出生率のレベルを維持してきたのです。だから、日本ほど深刻な少子高齢化にはなっていません。

なぜ先進国の間でこれほどの差がついたかというと、日本はこの40年の間に、子育てを支援するどころか、わざわざ少子高齢化を招き寄せるような失政をしてきたからです。待機児童問題が20年以上も解決されなかったり、大学の授業料を40倍にしたり、子育て世代に大増税を課すなどの愚行を繰り広げてきたのです。

出生数90万人割れとかそんなん当たり前〜〜 だって子供産み育てたいと思う国じゃないやんwww 妊婦への数々の嫌がらせ 無痛分娩は12万自費 保育園幼稚園足りない 保活ハード 仕事辞めさせられたりキャリア積めない 家事育児の負担大きすぎるけど当然視されてるから褒められもしない 日本学費高い文字数

子供が外で大声出したら周りの対応冷たい ベビーカーたたまされる 抱っこ紐外される 男性がそばにいなくて母親と子供だと受ける被害段違い 育児や家事代行の制度浸透してない 自分都合で家をあけることが許されない母親(飲みに行くでも何でも) 育休中の負担圧倒的母親 そりゃ産みたくもなくなるだろ

給料の低さ・今後のアップも見込めない

日本のトレンド2位 出生数90万人割れ 仮に子どもを育てやすい(疎ましい目で見られない的な意味で)社会だとしても 1人産むお金もないです 以上 pic.twitter.com/AKU7X5LnO9

出生数90万人割れやばいなー。 ワシだって大学の同級生の平均よりはそこそこ稼いでるはずだけど、子育て始まったら家計も生活も余裕なくなったもんなー。そらみんな躊躇するよなー。

出生数90万人割れ。 当たり前過ぎꉂ(ˊᗜˋ*)ヶラヶラ 私の世代は、氷河期だけども、安定した雇用って何さ?って思いながら働いてきたってか、今でもさ。 そんな状態で子供産めるか。 二人で限界だよ。寧ろ褒めて欲しいよ。カツカツで頑張ってるもん。

出生数90万人割れ、一生懸命働いても安い給料から自動的に税金が引かれて、じゃあこれからどうやって生きていくかって考えたら「結婚しない」「子供作らない」ってなるよな。唯一自分で選べる「手取りを減らさない」防御対策なんだから。これぞ自己責任でしょ?

出生数90万人割れだって〜〜 いやそらこのご時世1人で生きるの必死のお給料しか頂いてませんし。分かってて増税もしたんやろ?()

出生数90万人割れとか なんも対策しないで消費税あげて 今更かよ(´・ω・`) おむつは10%だし妊婦加算だし給与上がらんし 保育園は待機児童溢れてるし 産みたがらないよね(´TωT`) だから消費税なんて無くして もっとお金回るようにした方がいいって お金に余裕なきゃ心にも余裕できないもん

出生数90万人割れは必然 就職氷河期に若者の職を守らなかった。彼らが働き盛りの頃、多くの人は仕事に就けず子供を産み育てられなかった 当然、彼らの子ども世代にあたる子どもを産める女性の数が減っている これからも減り続ける バブル崩壊後に保身に走った政府と年金と資産を貪る高齢者のおかげで

働きやすさの改善未着手 保育園待機児童 サービス業への給料アップ

出生数90万人割れ…共働きでなければ生活が困窮するほど子育て世代の財政状況が苦しいにも関わらず待機児童問題は解消されず、幼児教育無償化も全ての世帯が対象ではなく、生理用品やオムツなどが軽減税率の対象外という出産と育児を軽視する日本社会では、残念ながらこれからも出生数は減る一方かと。

出生数90万人割れ、そりゃそうだよ 独身の若者は経済的にも(場合によっては時間的にも)、自分だけで精一杯な人も多い。 家庭持っていても、2人目3人目が厳しい状況。 減らない訳が無い。 2年早く?どっか計算間違えたか甘く見積もったでしょ なお、検索候補の状況はこちら↓ pic.twitter.com/lgLx7Masff

女性にとって子供を生むことは仕事のキャリア、体への負担、自分という存在へのマイナス、蔑まれるで十年単位で人生をロスする。いいこと無しなんだよね。二人生んで思うからしょうがない。それを上回るメリットを。 出生数90万人割れへ 19年、推計より2年早く: 日本経済新聞 nikkei.com/article/DGXMZO…

mag2.com/p/news/402263/…待機児童問題というのは、実は解決しようと思えば、まったく簡単なのです。待機児童の数は2万人前後です。一人あたりに100万円かけたとしても200億円程度で済むのです。日本の国家予算は現在、100兆円の規模がありますから、わずか0.02%です。

1 2 3