1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

この記事は私がまとめました

tonkatudjさん

増税の影響を受けてしまったロックバンド

【歌詞】 喜志駅周辺なんもない - ヤバイTシャツ屋さん (※2014年4月1日からの増税に伴い、一部歌詞の変更を行いました。) pic.twitter.com/6z7DE4b2Lu

【歌詞変更のお知らせ】 喜志駅周辺なんもない - ヤバイTシャツ屋さん (※2019年10月1日からの増税に伴い、二度目の一部歌詞の変更を行います。) 2014年3月まで:天王寺まで390円はイタい 2019年9月まで:天王寺まで400円はイタい 2019年10月から:天王寺まで410円はイタい https://t.co/EuFYjNxkxl

消費増税の影響が音楽にも出ている。ロックバンド「ヤバイTシャツ屋さん」は10月6日、ツイッターで増税に伴う歌詞の変更を発表した。

・この対応がTwitterで反響

「ヤバイTシャツ屋さん」はどんなバンド?

通称は“ヤバT”。メンバーはしばたありぼぼ(b,vo)、こやまたくや(g,vo)、もりもりもと(ds,cho)の3名。地元・大阪を中心に活動を開始。

2015年に本格的に活動を開始。王道のメロコアサウンドと秀逸なリリックがロックファンのハートをつかみ、11月にフルアルバム「We love Tank-top」でユニバーサルミュージック内のレーベルUNIVERSAL SIGMAよりメジャーデビュー。

・スーモとの共演も話題に

今年2月、不動産・住宅情報サイト「SUUMO(スーモ)」のテレビCMで、スーモとのライブ共演が話題になったヤバイTシャツ屋さん。

CM内で流れたヤバイTシャツ屋さんアレンジの“スーモマーチ”も好評で、「耳から離れない」と言った声がネット上でよく見受けられたものだ。

中日ドラゴンズの応援歌

【重要なお知らせ】 この度、当団体で使用している「サウスポー」について、チームより不適切なフレーズがあるというご指摘を受けました。この件について球団と協議した結果、当面の間「サウスポー」の使用は自粛させて頂くこととなりました。 皆様には何卒ご理解、ご協力の程宜しくお願い致します。

プロ野球・中日ドラゴンズの応援歌「サウスポー」をめぐり、歌詞の「お前」部分が不適切だと指摘を受けたとして、応援団が当面の間、使用を自粛すると決めた。

・今後の対応について

「(略)曲が悪いわけではないので、歌詞の一部変更を検討しています。ですが、シーズン中いきなり変更するというのは難しいところがあり、当面の間自粛という結論になりました」と説明していた。

「自粛が過剰反応なのか適正なのか」といった議論だけでなく、「お前」部分を他の表現にすれば良いと、「あなた」「そなた」「おみゃあ」といった代案がツイッターやワイドショーで挙がっている。

1 2