1. まとめトップ

「勉強が苦手でも覚えたい!」暗記のコツとは?「アウトプット前提」でインプットしよう

「勉強が苦手でも覚えたい!」暗記のコツとは?「アウトプット前提」でインプットしよう

更新日: 2019年10月08日

2 お気に入り 2023 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

jpiorijp3さん

「勉強が苦手でも覚えたい!」暗記のコツ

記憶実験をおこなった結果、エビングハウスは以下のような記憶に関する法則があることを明らかにしました。

第一に、学習が終わった直後に忘却が急速に起こり、時間の経過とともに忘却する割合が減少する、ということです。これが有名な「エビングハウスの忘却曲線」なのです。

エビングハウスはあくまでも「節約率」を測定したのであって「忘却率」を測定したのではありませんから、彼自身は「忘却曲線」とは言いませんでした。

1日後の節約率が34%とは、例えば、100個の音節を100分で覚えて、1日後に忘れたものを覚え直したとして、もう一度同じ100個の音節を覚えるのに、66分かかる=34分しか節約できていないという意味です

「アウトプット前提」でインプットする

米パデュー大学のカーピック博士は『サイエンス』誌の2008年2月15日号で、「入力を繰り返すよりも、出力を繰り返すほうが、脳回路への情報の定着がよい」と報告しています。

普段からアウトプットを意識していると、インプットも正確さを求めるようになります。

なぜ「アウトプット前提」にすると、記憶に残りやすくなるのか?
それは心理的プレッシャーがかかり、緊張状態に陥ると脳内物質ノルアドレナリンが分泌されるから。
ノルアドレナリンが分泌されると集中力が高まり、記憶力、思考力、判断力が高まる。
アウトプットを前提にインプットするだけで圧倒的に記憶に残りやすくなる。

自分に「必要な情報」だけを集める方法

パーティー会場のようなザワザワと騒がしい中でも、自分の名前や、自分の興味があるキーワードを自然に聞きとることができる現象を「カクテル・パーティー効果」といいます。

自分の「興味・関心のアンテナ」を立てるだけで、脳は膨大に流れてくる情報の中から全自動で必要な情報をピックアップしてくれるのです。

(1)興味・関心のあるキーワードを書き出す

これらのキーワードをすべて書き出しておいて、一覧にしてときどき眺めるようにしています。キーワードを視覚化することで、「興味・関心のアンテナ」がバッチリ立つようになります。

(2)目的、テーマを明確にする

「目標の明確化=欲望の明確化」とも言えます。

「英語が好きだから」という理由で始める勉強が「ビジネスで必要だから」という理由で始める勉強より劣っている訳では決してありません。大切なのは自分自身の気持ちの強さですから。

ただ、「英語が好きだから」という理由ではありにも漠然とし過ぎていて自分の本当の気持ちが見えていない可能性があります。

(3)自分で自分に質問する

「覚えているかどうかをテストする」のだ。ややこしい論理に聞こえると思うが、自分の記憶をテストすることが、本番のテストでの成績向上につながる。

『どうすれば~~できる?』という質問に『制限』を加えると、脳はよりクリエイティブになれます。

例えば、『みんなが大爆笑して、後々まで語り継がれるような誕生日会にするにはどうすれば良いかな?』と言う質問は、
「大爆笑」×「語り継がれる」という『制限』が加えられた質問です。
このように『質問』に制限を加えると、脳はより活発に働き、様々なアイデアを思いつきやすい状態になります。

ツイッター民の反応

【暗記のコツ】 丸暗記は非効率。 内容を理解して重要なところ、カギとなるところを覚えるほうがいい。内容を理解してないで闇雲に暗記するのは人間がだいぶ苦手とする作業なので。

【暗記のコツまとめ】 ①とにかく反復 ②五感を使う ③寝る前が頭に入る ④スキマ時間を有効活用 ⑤たまに確認テスト ⑥覚え方を工夫

【暗記のコツ】 寝る前に今日やったことを思い出してみる。覚えた公式、覚えた単語、間違った問題、わからなかった問題、初めて見た解き方。こういう「想起」の作業をくりかえすと、脳への定着スピードが上がります

海外ドラマで英語力を上げるコツは、お気に入りのエピソードを何度もみることだと思う。 例えば、私は「デスパレートな妻たち」のシーズン6,第13話が好きで今までに何十回みたかわからない。 その結果、このエピソードの台詞はほぼ暗記してる。

【暗記のコツまとめ】 ㈰とにかく反復 ㈪五感を使う ㈫寝る前が頭に入る ㈬スキマ時間を有効活用 ㈭たまに確認テスト ㈮覚え方を工夫

【勉強のコツ】英文でも日本語でも、暗記したり深く理解をしたいならばまずは音読をしてみること。意味を考えながらでないとうまく音読できないので、音読しているうちに意味を考える習慣がつくのです。

1 2