1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

なこMANさん

睡眠をさらに幸せに。

どうやって選べばいいの?

掛布団も敷布団も使い方に合わせて、また素材もきちんと選ばないと、人生の約3分の1にもあたる眠りを気持ち良く眠り、また健康に過ごすことはできないと思います。

寝具の代表的な素材は、昔からあった、木綿わた・コットン/羽毛・ダウン/羽根・フェザー/羊毛・キャメル等獣毛類/ポリエステル/ウレタンフォーム/木材・リヨセル/その他の石油精製品…等々数多くの材料で、製造されるようになって来ました。

掛け布団に使用している詰め物の素材ごとに重さや暖かさが異なります。寝苦しさを感じないよう、可能な限り軽い素材のものを選ぶことがポイントです。

ふとんは見た目だけでは良し悪しが判断しにくいものです。安いものは使われる素材や加工方法に違いがあります。

おすすめランキング

第7位

手軽に水洗いできるウォッシャブルタイプ。洗濯10回後も、よれて固まらず、風合いが持続します。

出典メーカーより

身体のラインに沿うボディフィットキルトを使用し、お布団との間の隙間を減らして寝冷えを防ぎます。

羽毛のような柔らかさ・軽さ・あたたかさを持ちながら、羽毛特有の臭いがないので、羽毛が苦手な方にもオススメ。

第6位

日本羽毛製品協同組合 エクセルゴールド(四ッ星★★★★ランク)認定

第5位

羽毛を知り尽くしたプロによる厳しい選別基準をパスし、さらにその性能に磨きをかけたロイヤルカスタマー向けの最高級羽毛イスタシアロイヤルホワイトダックダウンを贅沢に1.2kgも使用!

第4位

生地をこだわりました。
天然繊維ならではの綿100%(60番手ブロード)を使い、やさしい肌触りと汗をしっかり吸う吸湿性を高めました。

第3位

お手軽価格で羽毛を試せる。

1 2