1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

揚げ物税だと?ヤフー社食の取り組みがめっちゃおもろいw

ヤフーの社員食堂の取り組みが話題になっています。

更新日: 2019年10月09日

6 お気に入り 9350 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ヤフーの発表を参考に作成しました。

PINKMOMOさん

■ヤフーの社食に「揚げ物税」が導入された模様

ヤフーは社員食堂に「揚げ物税」を導入すると発表しました。揚げ物を一部値上げし、その値上げ分で魚料理を値下げする

チキン南蛮やとんかつなどの定食を100円値上げする代わりに、焼き魚定食や煮魚定食を150円値引きする

社員は、「選択肢として魚を選ぶのは、前より絶対増えてくると思う。健康にもこれを機に気遣っていきたい」と話した

■社員の健康を増進するのが狙い

ヤフーでは、社員食堂でのランチの摂取データを集計していて、社員が脂質をとりすぎている傾向にあることが課題となっていました。

同社は実施の背景として、社員がランチで脂質を取りすぎる傾向にあり、揚げ物料理を食べる社員が多いことを挙げています

ヤフーがこうした取り組みを行うのは、食生活の改善を促して社員の健康の増進につなげるねらいがあります

■本日(10月8日)から実施

ヤフーは10月8日、社員食堂のランチで揚げ物料理の一部を値上げする「揚げ物税」という取り組みを始めた

例えば同日の日替わりメニューでは、「チキン南蛮~自家製タルタルソース~」が591円から691円に、「鯖の味噌煮と具沢山けんちん汁」が693円から543円になります(税込)

ヤフーは「最高のコンディションで業務に従事することができる企業を目指す」としています。

■これは面白い取り組み

揚げ物税orお魚還元 太ってもいい 払うから 揚げ物がいい!ってなるな わたしなら。。。(笑)

■このように社員を健康増進を後押しする企業が増えている

ライオンは、会社の健全な成長を支える経営基盤である従業員の健康意識の向上・自発的な健康行動の実践を促す取り組み「ライオン流健康サポートライオン“GENKI”アクション」を2019年より順次展開

「カラダかわるNavi」は、毎日の食事や運動をAIがアドバイスするAI健康アプリ。3,500社に及ぶ企業・健保・団体・自治体が、従業員の健康管理のために利用

■健康経営で社員を守る

オリックスグループのバックオフィス業務を担うオリックス・ビジネスセンター沖縄(那覇市)が、メンタルヘルスをはじめとする職員の健康改善や働きやすい職場づくりなど「健康経営」の取り組みに力を入れている

経営的な視点から従業員の健康管理に戦略的に取り組む上場企業を「健康経営銘柄」として選定し、投資判断の基準などとして情報提供

経産省が行っています。

その狙いは生産性の向上や組織の活性化にあり、そして人材獲得や離職防止にも大きな期待が寄せられています。

1 2