1. まとめトップ

反り腰はポッコリお腹や腰痛の原因!改善法まとめ

姿勢を正そうとして「反り腰」になってしまう人がいます。しかし、むしろこの姿勢は太って見えたり腰を痛めたりしてしまうんです。

更新日: 2019年10月15日

9 お気に入り 4808 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

umakabukoさん

反り腰が腰痛の原因になる

特に多い当たる理由がないのに腰痛が治らない場合は、反り腰になっている可能性があります。

すでに腰痛を患ってしまっていても、反り腰を直せば楽になったり悪化を防いだりできます。

皆さん良い姿勢を保つとき、どんなところを意識していますか?
腰を反って、胸を張る、そんな形でいい姿勢を作っていることはないでしょうか?

実はこの腰を反るという動作、当たり前の姿勢として定着してしまうと、腰痛の原因になりやすいと言われています。

そもそも背骨はS字になっており、横から見ると腰部が反っているのが普通です。この反りはクッションとなりカラダにかかる負担を減らしているのですが、この反りが強くなってしまうと体にさまざまな支障をきたします。

反り腰がぽっこりお腹の原因に?

間違った姿勢とぽっこりお腹とには密接な原因があるのです。

意外と食べ過ぎ以外に、姿勢が悪いことが原因でお腹が出てしまうのです!

プラスに考えれば、ダイエットや腹筋運動をしなくても、いつも正しい姿勢を心掛けることで 自然とお腹のぽっこりが解消されるとも言えそうです(*´ω`*)

今すぐに、いつもよりもつま先を外側に向けたり、首ごと頭を後ろに引いたりするだけで、立ち方がすっと変わることが実感できるかと思います。

これをいつも意識するだけで、お腹が平らになるなら頑張れそうですよね……!

ぽっこりお腹と腰痛の関係をご存知でしょうか? 実はぽっこりお腹の方は腰痛になりやすいです。

なぜかというと、ぽっこりお腹が出ているという事は骨盤が前傾してしまっています。 骨盤が前傾していると、真っ直ぐ立っていてもぽっこりお腹が出てしまいます。

――原因が骨盤の開きとは…。反り腰は珍しい症状なんですか?

いえ、珍しいどころかほぼすべての現代人、特に女性は反り腰の傾向にあります。

「太っていないのにお腹がぽっこり出ている」「体質的にむくみやすい」という声は本当に多いのですが、その原因は体重や体質ではなく、反り腰なんですよ。

反り腰になる理由

反り腰になる原因を知らなければ、仮に改善したとしても再び悪化してしまいます。

いくつかあるのですが、代表的なのはヒールです。
「ヒールを履く頻度が多い」、また「履いている時間が長い」人は反り腰になりやすくなります。

ヒールを履いているというのは、常に坂道を下っているような状態ですよね。
たとえるなら、「つま先立ちをしながら坂道を下っている状態」です。

想像してみるとわかるのですが、この状態でふつうには歩けません。前に倒れてしまわないように後ろに重心がかけて歩きますよね。 それで、腰がどんどん反っていってしまうんです。

また、腰椎や骨盤周囲の筋肉のバランスが崩れる原因には、次のようなものがあります。

◆長時間のデスクワーク(PC作業)
◆体幹インナーマッスルや腹筋群の筋力低下
◆不良姿勢
◆運動不足
◆踵の高い靴
◆妊娠(女性)

「ヘルニア気味」「座骨神経症かもしれないと医師に言われた」という人は、この状態と言えるでしょう。

整体院やマッサージ店でで、お尻の上の方を揉んでもらうと気持ちがいいですよね?

そこをマッサージやストレッチすると、一時的に腰痛が回復します。しかし、反り腰が治らないと根本的な解決にはなりません。

反り腰の治し方

さまざまな体への悪影響のもたらす反り腰をなおす方法をまとめました。

反り腰予防ストレッチ|人気プロトレーナーが丁寧に教えます!

背骨に沿って走っている『脊柱起立筋(せきちゅうきりつきん)』がターゲット。きついカーブによって緊張している腰まわりの筋肉を、背中を丸めることで伸ばしてしていきます。

骨盤の傾きは、筋トレだけではなかなか難しいです。
骨盤周囲の筋肉を緩めて、腹筋をしっかりと使える状態にしければなりません。

STEP1

仰向けに寝て、股関節から脚を外に開き足の裏を合わせましょう。

STEP2

STEP1の状態から骨盤を持ち上げていきます。鼠径部(そけいぶ)がしっかり引きあがるのを意識して。腰が過度に反ってしまわないように注意をしましょう。

STEP3

次は、足裏の位置が骨盤よりも外側になるように開いて膝を閉じていきます。

STEP4

STEP3の状態で骨盤を持ち上げます。おへそよりも坐骨の方が高く上がるように意識して。腰が反らないように、膝を遠くへ引き伸ばしましょう。

呼吸に合わせ身体を動かすヨガは、血行を促進し、固まった筋肉をほぐして柔軟性を高めます。腰回りの筋肉をゆるめることは、反り腰になった骨盤の傾きを正常に戻すことにも効果的です。

また、コアを鍛えるポーズは、腹筋を強化し骨盤を安定させ、反り腰やぽっこりお腹の改善にも効果的です。

1